保険会社は営利企業であり、示談交渉を自らに有利に進め「必要最低限の補償」で抑えたいという思いがあります。保険会社が損害賠償金を算定する際の基準は、裁判によって認められる弁護士基準を大幅に下回ることが多くなります。保険会社から「賠償金の上限金額を提示します」と言われても、それはあくまでも「保険会社の基準」での上限ということでしかありません。

最悪の場合、知らない間に認定された等級にもとづいて、損害賠償金が支払われることになります。つまり、相手方保険会社に手続きを一任すると、一切の透明性がないまま手続きが終わってしまうことになるので、もしそのような要請が来たら、放っておくとそのまま決まってしまいますので、交通事故が得意な弁護士に相談してみるのが無難です。

出典交通事故の後遺障害|適正な慰謝料を得るために知るべきこと|厳選 交通事故弁護士ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

万が一の時ために知っておきたい、交通事故による症状固定、後遺症、後遺障害とは?

高齢者ドライバーによる交通事故が多発するなかで、改めて交通事故の恐ろしさといつ自分や家族や身内に被害が及ぶ可能性は低くありません。死傷事故にならなくても怪我などで重傷に至った場合、最悪の場合障害が残るケースも少なくありません。そうなった場合には後遺障害が適用されることになります。

このまとめを見る