裁判所は、医師の判断を踏まえたうえで、①傷害や症状の内容、②症状の推移(治療による改善の有無)、③治療・処置の内容、④治療経過(通院頻度、治療中断の有無)、⑤検査結果(他覚的所見の有無)、⑥当該症状につき症状固定に要する通常の期間、⑦交通事故の状況(衝撃の程度など)などの観点から、症状固定時期を判断します。

症状固定日が変わると、賠償金額が変わったり、時効の起算点がずれるなどの影響があるので、交通事故被害者は、後遺障害診断書に記載された「症状固定日」を絶対視するのではなく、実態に合致したものであるかを慎重に検討する必要があります。

出典症状固定について - 交通事故弁護士による後遺障害相談

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

万が一の時ために知っておきたい、交通事故による症状固定、後遺症、後遺障害とは?

高齢者ドライバーによる交通事故が多発するなかで、改めて交通事故の恐ろしさといつ自分や家族や身内に被害が及ぶ可能性は低くありません。死傷事故にならなくても怪我などで重傷に至った場合、最悪の場合障害が残るケースも少なくありません。そうなった場合には後遺障害が適用されることになります。

このまとめを見る