1. まとめトップ

安倍首相の真珠湾訪問!旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する

旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する

更新日: 2016年12月06日

Doragonflyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3970 view
お気に入り追加

安倍晋三首相が5日、米ハワイの真珠湾を訪問すると発表したことは、米主要紙なども大きく伝えた。

安倍晋三首相は5日、今月26、27両日に米ハワイでオバマ大統領と首脳会談を行うことを明らかにした。

オバマ氏とともに真珠湾を訪問し、旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する。今年は昭和16(1941)年12月8日(米国ハワイ時間12月7日)の真珠湾攻撃から75年目。現職首相の真珠湾訪問は初めてとなる。

オバマ氏とともに真珠湾を訪問し、旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する。今年は昭和16(1941)年12月8日(米国ハワイ時間12月7日)の真珠湾攻撃から75年目。現職首相の真珠湾訪問は初めてとなる。

安倍首相は同日夕、官邸で記者団に対し「ハワイでの会談はこの4年間を総括し、さらなる同盟の強化の意義を世界に発信する機会としたい」と述べた。

その上で、オバマ氏は来年1月に退任することから「集大成となる最後の首脳会談となる」と強調した。

オバマ氏は来年1月に退任することから「集大成となる最後の首脳会談となる」と強調した。

今年5月にはオバマ氏が原爆を投下した米国の大統領として初めて被爆地である広島市を訪れたことから、安倍首相が真珠湾を訪問する案も浮上していた

オバマ氏が原爆を投下した米国の大統領として初めて被爆地である広島市を訪れた

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、5月に被爆地・広島を訪れたオバマ大統領への返礼となる「象徴的な訪問」と報道。

5月に被爆地・広島を訪れたオバマ大統領への返礼となる「象徴的な訪問」と報道

(画像と記事は無関係)

「画期的な訪問」の見出しを立てたワシントン・ポスト紙(電子版)は、首相の訪問は「歴史修正主義的な見解を促進する政権内の保守勢力を怒らせるだろう」と分析した。

首相の訪問は「歴史修正主義的な見解を促進する政権内の保守勢力を怒らせるだろう」と分析した。

(画像と記事は無関係)

ロイター通信は「安倍首相がオバマ大統領との首脳会談のためにハワイを訪問し、日本の真珠湾攻撃の犠牲者を追悼する」と報道。

「安倍首相がオバマ大統領との首脳会談のためにハワイを訪問し、日本の真珠湾攻撃の犠牲者を追悼する」と報道。

(画像と記事は無関係)

フランスのAFP通信も「安倍首相が真珠湾を訪れる最初の日本の首相となる」と伝えた。

「安倍首相が真珠湾を訪れる最初の日本の首相となる」と伝えた。

(画像と記事は無関係)

韓国の聯合ニュースは、オバマ大統領の広島訪問時、共和党候補だったトランプ次期大統領が「(真珠湾攻撃で)数千人の米国人が命を失った」と批判したことにも触れた。

オバマ大統領の広島訪問時、共和党候補だったトランプ次期大統領が「(真珠湾攻撃で)数千人の米国人が命を失った」と批判したことにも触れた。

(画像と記事は無関係)

中国国営新華社通信(英語版)は5日、安倍晋三首相が米ハワイの真珠湾を訪問することを詳しく伝えた。

オバマ米大統領が5月に米大統領として初めて被爆地・広島を訪問したと指摘した上で、「安倍首相が真珠湾訪問を決断したのは、トランプ次期政権でも日米同盟を強化する狙いがある」との見方を伝えた。

中国のインターネットでは「なぜ(中国の)南京を訪れ、大虐殺の犠牲者を弔わないのか」などと南京事件と関連付け、安倍首相の対応の違いを批判する書き込みが目立っている。

「なぜ(中国の)南京を訪れ、大虐殺の犠牲者を弔わないのか」などと南京事件と関連付け安倍首相の対応の違いを批判する書き込みが目立っている

なぜ日本は、この真珠湾攻撃に踏み切ったのでしょうか?その理由を見てみましょう。

当時の日本は日中戦争で中国と戦争をしていました。この日中戦争が長期戦へともつれ込んでしまいます。日本は、日清戦争、日露戦争でも、そうであったように短期決戦を得意としていました。なぜなら、資源に乏しいから・・・。宣戦布告から一気に攻め、ころあいをみて有利な講和条約を結ぶというのが日本の勝利への方程式でした。

当時の日本は日中戦争で中国と戦争をしていました。この日中戦争が長期戦へともつれ込んでしまいます。日本は、日清戦争、日露戦争でも、そうであったように短期決戦を得意としていました。なぜなら、資源に乏しいから・・・。宣戦布告から一気に攻め、ころあいをみて有利な講和条約を結ぶというのが日本の勝利への方程式でした。

1938年当時の首相近衛文博は、日本・満州・中国を統合した経済圏を作ることを示唆し、後に東南アジアをも含めた大東亜共栄圏というスローガンにまで発展します。

この声明にアメリカは強く反発。やがて、アメリカは日本に石油や物資などを輸出しない!といった経済制裁にでることになります。

1941年10月首相に就任した東条英機はついに日本海軍によるハワイのオアフ島真珠湾攻撃、及び陸軍によるイギリス領マレー半島上陸を決意し太平洋戦争が幕を切るのです。

日本海軍によるハワイのオアフ島真珠湾攻撃、及び陸軍によるイギリス領マレー半島上陸を決意し太平洋戦争が幕を切るのです

真珠湾攻撃では、こっちから航空機で攻めてやろうというのです。山本五十六は「真珠湾攻撃は私の信念」とまで言って真珠湾攻撃を実行に移すのでした。

当時の日本海軍の基本戦術は本土近海で敵艦隊を迎え撃つという守りの戦術。

山本五十六は「真珠湾攻撃は私の信念」とまで言って真珠湾攻撃を実行に移すのでした。

最大の錯誤が最後通牒の遅れで、これにより「卑怯なだまし討ちだ」とアメリカを激怒させてしまいました。

この真珠湾攻撃は、艦隊4隻を撃沈。航空機231機を爆破などの功績を納めますが、燃料タンクなどの空母の討ちもらし、軍港施設を攻撃していないなどの批判も現在では聞かれます。

この真珠湾攻撃は、艦隊4隻を撃沈。航空機231機を爆破などの功績を納めますが、燃料タンクなどの空母の討ちもらし、軍港施設を攻撃していないなどの批判も現在では聞かれます。

1





Doragonflyさん

ご訪問ありがとうございます。
不慣れな点も数多くありますが、役立つ情報発信していきます。
宜しくお願いします。