マンションも増えて猫の
放し飼いができなくなった。
病気の感染や事故やケガなど
防止するために、
猫の室内飼いが増えた。
結果それで運動不足になった。
   
運動をすると、酸性の尿になります。
一日一度、酸性の尿が出れば
結晶はとけるそうです。
    ↓
猫に運動をさせるようにしよう。
一緒に遊んであげる。
運動のできるお部屋にする。

室内飼いで、
運動量が制限されると、
水分摂取量が不足しがちになり、
尿量が少なくなる。

避妊、去勢手術によって、大人しくなって
運動量が減る。
三歳くらいから、次第に活発に遊ばなくなる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

✭読めばわかる⋆猫の結石⋆病気予防に何がいいのか?

いっぱいある中で、一番良いと思うキャットフードを選んでみました。猫を病気から守るのは、飼い主さんの義務です。結石はフードに原因がありそうなので、徹底して調べてみることにしました。治療食は高いので、どこよりも安く購入できるAmazonで商品up!✭

このまとめを見る