1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

箱根駅伝が始まるまでに読んでおきたい!駅伝をテーマにした小説!

これを読めば、箱根駅伝が何倍も楽しくなること間違いなし!!(風が強く吹いている・チーム・冬の喝采・あと少し、もう少し・タスキメシ・強奪 箱根駅伝)

更新日: 2017年04月24日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
68 お気に入り 16487 view
お気に入り追加

★『風が強く吹いている』 三浦しをん

箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ることに夢中で突き進む。

強く風が吹いているを読んでから箱根駅伝がたのしみですん 地元の大学が出るってみんなが言ってるからなおさら。 ぜひ駅伝の前に三浦しをんさんの小説を!!← #ニューイヤー駅伝

三浦しをんの『風が強く吹いている』はすごく面白いよ。泣いたよ。青臭くて甘酸っぱいよ。泣けるよ。

駅伝に興味を持った皆さん ここで三浦しをんさんの「風が強く吹いている」を読んで見てください! 面白い。きっと読みながら笑える。それに加えての感動!丁寧に一人一人の心情が描かれていてティッシュ必須。 残りのお正月のお供に!

★『チーム』 堂場瞬一

箱根駅伝出場を逃がした大学から、予選で好タイムを出した選手が選ばれる「学連選抜」。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”のメンバーは、何のために襷をつなぐのか。

読み始めた「チームⅡ」堂場瞬一 が、かなり面白い!この作品読んでおくと、箱根駅伝、ニューイヤー駅伝が倍楽しくなる事間違いなし!これからお風呂で読んで・・・のぼせないようにせねば(;^_^A

堂場瞬一さんのチーム読了。もう面白いし感動するわで一気に読みきりました。もー、泣ける!というか泣きました。山城くんはあの選手みたいだなーとか、浦くんはあの選手だなとか。読みながら妄想も膨らみました(^^)

堂場瞬一「チーム」読了。まさかの1日で読み終わってしまった。スピード感溢れる作品。箱根駅伝の学連選抜に着目してるのがすでに面白いのに、各区で走ってる人が一人称担ってたり臨場感がすごく伝わる。箱根駅伝見に行くのがすごい楽しみになった! pic.twitter.com/icHr3Bgohr

★『冬の喝采』 黒木亮

北海道で走り始めた一人の少年は、一般学生として早大に入学し、2年生になる直前、準部員として競走部に入った。それは30年の時を超えた宿命のなせる業だった。

あと面白い観点からは少し外れますが箱根駅伝選手時代を自伝的に描いた「冬の喝采」も良いです。「風が強く吹いている」とセットで読むとエンターテイメントと限りなくノンフィクションに近い箱根駅伝の色彩差が楽しめると思います。

まだ冬の喝采読んでる。すごく面白い、瀬古の超人っぷりがこれほどとは。

黒木亮の「冬の喝采」読了。自伝小説特有のずっしりとした読みごたえが堪りませんでした。瀬古さんや君原さんといった往年のランナーが実名で出るあたりがリアル。箱根駅伝ファンなら必読な一冊です☆☆☆

★『あと少し、もう少し』 瀬尾まいこ

陸上部の名物顧問が異動となり、代わりは頼りない美術教師。部長の桝井は、中学最後の駅伝大会に向けてメンバーを募り練習をはじめるが…。寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。

瀬尾まいこ すごくすきだなあ 文体がとても私好みだった… あと少し、もう少し 今読み終わったんやけど やっぱりスポーツ小説はいいなあ 青春はいいなあ なんて思った19歳…

瀬尾まいこ著『あと少し、もう少し』読了 はいきました、私の好きな瀬尾まいこ。どれ読んでもたまらなくなって泣いてしまいます瀬尾まいこ。今回はすごく青春で、一人一人の葛藤とか他人から見た自分の姿とか、それぞれの人間として存在していてやっぱり涙なしには読めなかった…。

瀬尾まいこさんの『あと少し、もう少し』読了。テーマは中学校の陸上部の駅伝。ドラマも小説も青春成長物語が大好き上原先生のキャラクターがとてもよかった(*´∀`) pic.twitter.com/fFCvmjFPWG

★『タスキメシ』 額賀澪

陸上の名門高校で将来を期待されていた眞家早馬は、右膝の骨折という大けがを負いそんな折、調理実習部の都と出会い料理に没頭する。陸上部員の弟、親友らは早馬が戻ってくることを切実に待っている。それぞれの熱い思いが交錯する駅伝大会がスタート。

読書感想文の課題図書で感動して泣くとか初めて タスキメシって本なんやけどね

今年の課題図書の「タスキメシ」本当最高だから皆読んで。特に兄弟間の強くて美しくて羨望と嫉妬の混じる熱い愛が好きな人は是非。松好きには特にオススメです

タスキメシ/額賀澪 走ることに魅せられた男の子たちが、ご飯をたらふく食べながら、こわいものと少しずつ向き合っていく話。ちょっとだけ女の子も。 お腹がすきます。とんだ飯テロ! pic.twitter.com/dMLbOSsGIn

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する