1. まとめトップ

知らない間にイスラム国(IS)が殲滅間近だった! イスラム国の現状について

シリアやイラクで大規模な支配地域を誇ったイスラム国ことIS(ISIL)。その勢いはとどまることを知らないと思いましたが、各国の空爆の影響もあってか、ここにきてついに殲滅間近の状況となった模様です。

更新日: 2016年12月08日

4 お気に入り 98762 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆イスラム国(IS)が、勢力を弱めてきているらしい・・・

過激派組織「イスラム国」(IS)はイラクやシリアで一部支配域を失ったほか、リビアでも勢力維持が困難になっていると指摘。

12月2日、日本の警察庁はイスラム国(IS)の勢力が弱まっていると発表しました。
言われてみれば、イスラム国(IS)関連の報道も少し前は毎日のようにされていましたが、最近はそこまでされていないような気がしますね。

◆そもそもイスラム国って何なの?

イラク・シリア間にまたがって活動するイスラム過激派組織である。

イスラム国(IS)はイスラム教における原理主義者の組織であり、シリアの反政府組織やフセイン政権の残党などが主なメンバーと言われています。
最終的な目標は、カリフという指導者のもとイスラム教国家を統一することです。

◆イスラム国(IS)の危険性

イスラム国は、人身売買と身代金の強要によっても数百万ドルの利益を上げているようだ。

イスラム国(IS)は、外国人の拉致し身代金を要求することを1つのビジネスにしている犯罪集団です。
日本人が犠牲者になったこともあり、このことは多くの人の記憶に残っていると思います。

イスラム国が刑務所として使っていた小児病院からは、見るも無惨な遺体が100体以上も見つかったのだ。

イスラム国(IS)は、言うことを聞かなければ、女・老人・子供・同胞など誰かれ構わず殺害する超危険な組織です。

過激派組織「イスラム国」(IS)は拉致した性奴隷が足りなくならないよう、戦闘員が関係を持つ際に避妊を強く要求しているというおぞましい実態が明らかになった。

イスラム原理主義を基盤にしているイスラム国(IS)は女性に対して極端に差別的で、支配地域で女性は兵士たちの性奴隷とされています。

◆勢いを増していったイスラム国

イスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」との戦闘が続くイラク西部アンバル州の地方議会当局者は10日、ISISが同日、同州の州都ラマディ市の複数の地区を制圧したと報告した。

2015年4月10日、イスラム国(IS)はイラクの都市ラマディを制圧し、首都バグダットに迫る勢いを見せました。
最終的にイスラム国(IS)は、イラクの国土を40%まで支配します。

イスラム教スンニ派(Sunni)武装勢力「イスラム国(Islamic State、IS)」が、イラクと国境を接するシリア・デリゾール(Deir Ezzor)県で、シリアの主要な油田とガス田を全て制圧した。

元々混乱状態にあったシリアに至っては、ほぼ全域を支配。

シリアとイラクにまたがる地域を支配している過激派組織「イスラム国(IS)」は、国際社会からの圧力が強まる中で、リビアで勢力を拡大し、石油収入を確保するとともにテロを計画できる地中海を隔てて欧州を望むシルトの拠点を増強し続けている。

2015年6月、イスラム国(IS)は地中海を越え、内戦で混乱中のリビアにまで支配地域を広げます。

◆イスラム国(IS)が勢力を伸ばした背景

オバマ政権は、就任以降、中東問題に対して積極的に関与しない方針を明確に掲げてきました。シリアの内戦に対しても米国が消極的なのはこうした事情が大きく影響しています。

オバマ大統領就任以降、アメリカは他国の戦争への関与を弱めていきます。
このことは、イスラム国(IS)が台頭する1つの要因にも繋がっています。

オバマが「われわれは世界の警察官であるべきではない」と語り、アメリカ人の半数が「よその国のことには口出しするべきではない」と考え始めている。

アメリカが世界の警察をやめた背景には、アメリカ国民自体の戦争疲れがあるのかもしれません。

◆イスラム国(IS)殲滅の転機となったロシアの参戦

泥沼の内戦が続くシリア。9月末にはイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国(IS)」の掃討を名目にロシアが空爆を開始した。

攻撃目標などについてアメリカと大きく揉めましたが、ロシアの参戦以降イスラム国(IS)の勢いは確実に落ちていきました。(イスラム国の勢いが低下した原因が、ロシアの空爆によるものなのかは分からない)

フランスの空軍は15日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の事実上の「首都」となっているシリア北部ラッカ(Raqa)を空爆し、指揮所と訓練基地を破壊した。

テロの標的とされたフランスもイスラム国(IS)への空爆を強めている他、ヨーロッパ各国も空爆作戦に参加しています。
ヨーロッパでは、中東の混乱がテロの増大や難民の流入など社会的な問題に直接繋がってくるので、イスラム国(IS)はとても厄介な存在となっています。

◆ここに来て、イスラム国(IS)が殲滅されつつある?

イラク政府軍は主にモスル東部から市内に攻め入っており、すでに市内の3分の1を制圧した。北部と南部はクルド部隊などが攻めたてており、こちらもISは劣勢だ。

イスラム国(IS)が支配していたイラクの地域は、2016年5月時点で40%から14%に低下。
現在は、イラク政府軍とクルド人部隊が合同で残る地域の奪還作戦を行っており、イスラム国(IS)の支配地域は更に減る模様。

リビア統一政府側の部隊は5日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に掌握されていた中部の沿岸都市シルト(Sirte)を完全制圧したことを明らかにした。

12月5日、イスラム国が支配していたリビアのシルトをリビア政府側が制圧。

シリア第2の都市アレッポ(Aleppo)をめぐり、夜通し行われた政府軍の進攻に直面した反体制派が撤退したことを受け、政府軍が旧市街(Old City)全域を制圧した。

12月7日、シリアの第2都市アレッポも政府軍が制圧し、イスラム国(IS)の支配地域は極めて狭められていると思われる。

◆イスラム国の現状について、ネットの反応は?

イスラム国壊滅に急展開 久しぶりにイスラム国のニュースみたけどすごいね 国の結束ってほんと大切

1 2