1. まとめトップ
  2. カラダ

何でも「痩せる」に繋げたい!斬新で愉快な「ながら」ダイエット

トレーニング意識高めの人のためにも、痩せいたけど忙しかったりズボラな人のためにも、最近、何でも「痩せる」につながる画期的な「ながら」エキササイズやダイエットが増えてきているようです。

更新日: 2016年12月08日

72 お気に入り 46156 view
お気に入り追加

パリのセーヌ川を観光しながらエキササイズ

まだデザイン段階で実働はしていません。

イタリアのデザインオフィス「carlo ratti associati」が、パリのセーヌ川を人力で渡るボート「パリ・ナビゲーティング・ジム」プロジェクトを発表。

同社が提案するのは、船内に置かれたエアロバイクを漕ぐことで、ボートを進ませるという斬新な発想の船。

パリナビゲートジムは20メートルのフィットネスボートで45人まで収容することができる。

またボートの側面をガラス張りにすることで、ゲストはワークアウトしながらガラスの窓越しに流れる景色を楽しめるのがおすすめポイント。

ゲームしながらダイエット…というかワークアウト

「SymGym」は「ゲームをコントロールするには、筋肉に負荷をかけた運動をする必要がある」というコンセプト。

その構造は、ジムのトレーニングマシンのうち、ボート漕ぎ運動をする「ローイングマシン」と、階段昇降運動をする「ステアクライマー」を組み合わせ、修正を加えたもの。

プレステやXboxにも対応しているそうです。

動画もありました。
かなりハードそうで、ダイエットというより筋トレかも。

座ってデスクワークしながら足元ではダイエット

出典isuta.jp

「ホーバー」と呼ぶようです。

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達していました。

積極的な運動をせず普段の活動でカロリー消費を増やす概念である「ニート(Non-Exercise Activity Thermogenisis:NEAT)」をご存じだろうか。

働かない学ばない、あのニートとは異なります。

HOVRは、座っているときにペダルの上に足を載せると、自然に足が動くことを利用した健康デバイス。

出典isuta.jp

机の天板にぶら下げるタイプもあります。

机の天板から吊り下げるか、机の下の床に置いて使う運動器具で、取りつけて両足を乗せて、足を動かすだけ。

知る人ぞ知る最高権威のひとつMayo Clinic(メイヨー・クリニック)とイリノイ大学シカゴ校で医学研究を行い、「座っているだけの時に対して17〜20%カロリー消費を増加させる」ことが証明された。

1日に10時間はデスクに座って仕事をしているかもしれないエンジニアやデザイナーにうってつけではないだろうか。

美味しいものを食べた気になりながらダイエット

LAの街を拠点にウェアラブル端末の可能性を探るKokiri Labが、実験的に行なっているプロジェクト「Project Nourished」。

実験内容は、ヴァーチャル・リアリティ(VR)の世界に食べ物を出現させ、センサーを組み込んだフォークなどにモーションキャプチャーのLeap Motion、さらに香りの演出をするアロマディフューザーを使って、擬似的な食事体験をするというもの。

人間は、視覚で感知している感覚や食品のにおい、食感、風味などの要素をもとに、今何を口にしているのかということを認識している。

1 2





blueblueluckyさん

好きなこと(動物、映画、その他エンタメ)、気になるニュース(地方・マイナー含む)を中心にまとめます。
まじめにゆっくり更新していきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう