1. まとめトップ

自業自得?イギリスでベッカムファミリーが批判されまくっていた

イギリスで批判されまくっているベッカムファミリーについてのまとめです。

更新日: 2016年12月09日

1 お気に入り 50457 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asuho_manさん

世界のサッカー界を賑わせたデビット・ベッカム

デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム OBEは、イギリス、イングランド出身の元サッカー選手、モデル。ポジションはミッドフィールダー(RSH, CH)。イングランド代表にも選出されていた。

スポーツ選手の枠を超えたファッションリーダーとしての一面も

しかし、最近ベッカムファミリーが批判されまくっていた

長男・ブルックリンの「親の七光」批判

CMやモデル、フォトグラファーとしても活躍を始めているブルックリンだが、3万7000ポンド(約500万円)の車は、「親の七光り」と非難の対象になった。

「親の七光りはどうでもいいけど、片手運転は辞めるべき!」「初心者の癖に、格好つけるのはもういい加減にしてほしい」「甘やかすのにもほどがある」「人を事故に巻き込まないためにも、指導が必要だ」といった、安全面に対する懸念から、厳しい意見が寄せられている。

バーバリーのフレグランス広告のフォトグラファーに抜擢されたベッカム家の長男ブルックリン・ベッカム。バーバリーが、この度ロンドンで行われた「Britフレグランス」の新作の撮影風景をポスティングしたことで、新たな物議をかもしている。

そして今回も、ニューヨークでプロを目指す人たちが集う「The New School」に通う姿がパパラッチされており、「まだ一人前でもないのに、やっぱり親の力だね」「親の七光りも甚だしい」と、再びひんしゅくを買う結果となった。

妻のヴィクトリアの炎上

父デビッドがインスタグラムに写真をポスティングするたびに評判を上げているのに対して、母ヴィクトリアは評判を下げまくり

しかしデイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、笑顔のつもりが、口だけが横に広がり、膨らんだ頬にの下だけに深いシワが寄ってしまい、目元に異変も見受けられる。

また、したり顔のように左の口角だけが上がって口元が丸見えになったが、その笑顔とは言えない笑顔に、ツイッターが炎上する騒ぎとなっている。

次男・ロメオも七光批判

デビッド・ギャンディが、ロメオ・ベッカム(12)がモデルの仕事を得られるのは、有名な両親を持っているからだと主張した。

デビッドとヴィクトリア・ベッカム夫妻の息子であるロメオがバーバリーの2014年クリスマスキャンペーンの顔に抜擢されたことについて、ギャンディがザ・サン紙にこうコメントしている。

「ロメオって誰だい?ああ、ベッカムの息子。あの子はベッカムの名前が助けになるだろうね」ロメオは2013年に初めて同ブランドのモデルに起用された後、その売り上げセールスに大きく貢献したと言われている。

三男・クルズ君を巡っても炎上に発展

元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカム(41)と妻でファッションデザイナーのヴィクトリア(42)の三男クルス君(11)が、音楽の道で将来を期待されている。

1 2