1. まとめトップ
  2. 雑学

もっと仲良くなりたい…敬語から「タメ語」に徐々に変える方法

「タメ語で話していいよ!」と人から言われても、ずっと敬語で話しているといきなり変えるのって結構難しいですよね。でも、変えないといつまで経っても仲良くなれない…なんて悩みも。そんな時のために、敬語からタメ語へ上手に変える方法をまとめてみました。

更新日: 2016年12月10日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
177 お気に入り 81256 view
お気に入り追加

▼「タメ語でいいよ!」って言われたけれど…。

タメ語でいいよって、逆に歳上の人にタメ語喋る勇気がね…( ;´ω` A;)ダラダラ 友達やと思えばいいよって、ん~まぁ、そうやけど~(^_^;)

今まで敬語だった先輩にタメ語で いいよって言われてうれしいけど 慣れてなくて 敬語 タメ語 混ざる

タメ口でいいよ!って言っていただいてもどのタイミングでタメ口使っていいかわからなくなる日本語って難しい

▼ずっと敬語で話していると急に変えるのって難しい。

今までずっと敬語だったものをいきなりタメ語に変えるのって勇気がいるし、難しい…。

自分が急にタメ語は気まずい…と思っている場合、実は相手も違和感を感じるケースが多いんだって!

▼でも、もっと親しくなりたいし…そう迷うことってありませんか?

だからと言ってせっかく「タメ語でいいよ!」って言ってくれてるのに断るのはちょっと…もっと仲良くなりたいし…なんて悩んでしまうことも。

タメ口とは「親しみを表す言葉」。それを拒否するということは、親しくなりたいという意思を拒むことになってしまう……

敬語を使っていると、どうしてもそこに壁が出来てしまい、
お互いの仲がそれ以上親密になれず停滞してしまうケースが多い

□敬語からタメ語へ!上手に変えて相手と距離を縮めて行こう♪

・まずは、敬語の中にタメ語を織り交ぜてみる。

いきなりは難しい…。そんな時は、敬語とタメ語を混ぜて使いましょう。例えば、最後の言葉だけ「ですます調」にすれば、親しみやすさも丁寧さも出せるので自然な形で距離を縮めて行けます。

はじめはずっと敬語だったのにふとした時にタメ口を交えることで、相手は自分に気を許してくれたと親近感を覚える

・会話はタメ語でも、メールやLINEは少し敬語を混ぜて。

直接会って話したり、電話の時はタメ語。

直接会っている間は普通にタメ語で話すけれど、メールやLINEなどでは少し丁寧な言葉を使う。そうすることで、相手に寂しい思いをさせることも引かれてしまうこともなく、自然に距離を縮めていける

「敬語、ていねい語」と「素直な言葉」との組み合わせ。くだけた言葉で個人的な願望を出しつつ、改まった言葉でバランスを取る

少し堅苦しく感じるかもしれませんが、正しい日本語と言葉遣いで送るのがポイントです。次第に仲が良くなって、リラックスできる関係性に進展したら、徐々にメールやLINEの中にも自分を出していく

・相手が敬語の時は敬語、タメ語になったらタメ語に合わせて。

相手に合わせて言葉を選ぶ、
会話レベルを合わせることも大切なことです。

1 2





lulu0803さん