1. まとめトップ

DeNA執行役員 『村田マリ』がシンガポールからWELQ事業を指示してた実態!来日は月に5日のみ

DeNA執行役員の村田マリ氏は、DeNAパレットのうち9事業を統括していたとされていますが、その実態とはシンガポールに在住して朝にチャットで参加するという優雅なものだったと暴露されています。日本に来るのは、月に5日ほどだったという事です。

更新日: 2017年09月11日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1839 view
お気に入り追加

◆シンガポール在住のDeNAパレット統括 村田マリ氏

1978年岐阜県生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、サイバーエージェント新卒1期生として入社。その後、2005年に立ち上げたウェブ制作会社コントロールプラスを売却し、2013年12月にiemo株式会社を立ち上げる。2014年10月にiemoをDeNAに売却。現在はシンガポールを拠点に、DeNAの執行役員

現在、家族とシンガポールに住みながらDeNAの執行役員としてメディア領域を統括されている村田マリさん。日本にくるのは月に5日間ほど

村田マリ氏。1978年岐阜県生まれ。岐阜、千葉、東京、名古屋で育つ。早稲田大学文学部を卒業後、サイバーエージェント株式会社に入社し、6つの新規事業開発に参画。2005年3月コントロールプラス株式会社を設立し、ウェブ制作事業を開始。2009年にソーシャルゲームへと事業転換を成功させ、2012年にgumiに売却後、シンガポールに移住。

◆シンガポール在住でDeNA執行役員に就任

出典i.gzn.jp

シンガポールに住みながらビデオ会議などでDeNAパレットを統括していたという。

・村田マリ。38歳。 村田真理(結婚してからは本間真理)
・1978年岐阜県生まれ。岐阜、千葉、東京、名古屋で育つ
・愛知淑徳高等学校 を中退
・早稲田大学文学部を卒業 第二文学部(夜間)を卒業
・2000年4月、サイバーエージェント株式会社に入社 チャラいコネで入社
・2005年3月、コントロールプラス株式会社を設立(ウェブ制作・ソーシャルゲーム事業。デート通.jpを運営)
・2012年、コントロールプラス株式会社をgumiに売却
・2013年12月、iemo株式会社を創業
・2014年10月、iemoをMERYと合わせて50億円でDeNAに売却。DeNAの執行役員に就任

早稲田大学に文学部が創設されたのは、2007年ですけど。

◆シンガポールの朝の電話会議

DeNAパレットの中でも内製している7媒体のメディアを見ている東(ひがし)というメンバーに、「こういう事業にしたい」というビジョンの共有をして、裁量を任せて意思決定していく。具体的には、毎朝メンバーとTV会議をして日々の動きやミッションを共有。

シンガポールにあるDeNAの支部には、私以外『iemo』のスタッフはいなくて、全員渋谷のヒカリエオフィスにいます。私は使われていない会議室を陣取って、そこでテレビ会議を行ってやりとりをしています。

この日は午前中から晩まで、打ち合わせや食事などMERYを運営するペロリ社あやたろうと一緒。2社同時買収で成果を出すことを誓った運命共同体というのは、身上が似ているため、最近では姉弟のようなシンパシーがわいています。あやたろうは本当によく考える優秀な経営者で、若手の中でも相当ぬきんでていると思います。彼とスタートアップのように一緒に事業を作っていけることに喜びと心強さを感じます。そこに守安社長ががっつり入っているフォーメーションは非常にレアな状況

◆守安社長と村田マリ

もうひとつ意外なことがあって。それは守安社長が捕まえやすいこと。小さい判断でもメッセンジャーや電話で気軽に話せて、たいてい即レスか当日中に決断できるので、スピード感が鈍らないのは失礼ながら意外でした….

◆記者会見に姿を見せない村田マリ氏

しかし、なぜか昨日の記者会見では現場に関する最大の責任者であるはずの「iemo」の創業者で、今回の検索結果をゴミだらけにした責任者と目されている「村田マリ」が姿を見せないままなのですが、そもそも一体どういった人物で、なぜ最大の責任者だと見られているのでしょうか?

1





misukiruさん