1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2016年、いろんな意味でじわじわくるミュージックビデオ5選

2016年にリリースされたシングルやアルバムに収録されている曲のミュージックビデオで、大笑いというより、じわじわくる作品5本をまとめてみました。

更新日: 2016年12月22日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
82 お気に入り 45015 view
お気に入り追加

■「MUSIC VIDEO」…岡崎体育

本名 : 岡 亮聡 Oka Akitoshi
1989.7.3生まれ (26歳)
身長 : 175cm 体重 : 83kg
血液型 : A型

2012年より地元のスーパーマーケットで働きながら「盆地テクノ(BASIN TECHNO)」の伝道師として活動を開始。

以降、奈良県奈良市を拠点に“盆地テクノ”を掲げて活動。自主制作アルバム5枚を発表し、音楽フェスなどを含む年間40本強のライヴに出演。

ポップミュージックにキレッキレの批評精神と笑いを注ぎ込むという点では、まさに重要なルーツとして挙げられた電気グルーヴの後継と言えるだろう。

1.Explain
2.MUSIC VIDEO
3.家族構成
4.FRIENDS
5.Voice Of Heart
6.Outbreak
7.スペツナズ
8.エクレア

“カメラ目線で歩きながら歌う 急に横からメンバーでてくる”など、アーティストのミュージックビデオのよくある演出をそのまま生かしたMVはYouTubeでの再生回数1,000万回を突破

岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video

■「友よ ~ この先もずっと・・・」…ケツメイシ

1993年、RYOが通う大学の仲間が中心となってケツメイシの母体が誕生。

1996年頃に現メンバーのRYO(MC)、RYOJI(Vo)、大蔵(MC)、DJ KOHNO(DJ)で結成される。

ヒップホップ、レゲエなどをミクスチャーしたサウンドにラップを乗せたスタイルが特色。

1.ヤシの木のように
2.いい感じ
3.ボサノBAR
4.人間交差点
5.僕らのために...
6.カラーバリエーション
7.ディスコ☆部長
8.パッション!!!!
9.エターナリー
10.手紙 ~ あれから
11.さらば涙
12.友よ ~ この先もずっと・・・
13.ほら行こう
14.テイクオフ
15.君と出逢って
16.君とワンピース

テーマは“華麗なるリアクション芸と友情”ということで、ダチョウ倶楽部の芸を真正面からビジュアリックに撮影。

トリオの歴史を感じさせる過去の写真やそれぞれのプライベートな場面での素顔を織り交ぜながら、30年続くダチョウ倶楽部の絆を描いたもの。

ケツメイシ / 友よ ~ この先もずっと・・・ MV

ケツメイシ / 友よ ~ この先もずっと・・・ MV youtu.be/IV7usfiEbms @YouTubeさんから この年末にきてサイコーのMVを見つけてしまった、なんで逃してたんだろうか、ダチョウ倶楽部サイコー。

■「島国DNA」…打首獄門同好会

うちくびごくもんどうこうかい

メンバー
Junko(b)
河本あす香(ds)
大澤敦史(g,vo)

ハードロックやヘヴィメタルサウンドに、変則的な展開と声を出して歌わずにはいられないキャッチーなサビを投下し、ものすごく独特なグルーヴを生み出す。

「島国DNA」は、大澤が全国各地のツアーを通して味わった「海の幸の美味さ」を讃えて作った楽曲。

映像は本物の漁船の上で演奏するメンバーや、さまざまな魚をさばく漁港の森田釣竿(Vo, 包丁)が登場する作品となっている。

打首獄門同好会「島国DNA」

1 2





ラガモさん