時に城兵堅く防禦(防御)して、(城は)遂に陥ることはなかった。

爰(ここ)に於いて、神君は御家人小栗大六重常(家康の旗本。度々使者で出て来る)を濃州(美濃国)岐阜へ遣わされ織田信長へ援兵を請われること兩度(両度。意味:二度)。

しかしながら武田信玄歿(没)することが既に(取り)沙汰あったため「勝頼が愚昧(意味:おろかで道理に暗いこと)。士叛き民怨み、自ら亡ぶのは近かろう」ということで信長は援兵を肯(うけが)い(意味:承知)なさらなかった。

(そのため)神君は重ねて小栗を遣わしなさる時に命じて曰く

「吾、先年信長と交和を整え「互いに救助すべし」と約してより、江州佐々木承禎(六角義賢)退治以来、数箇度これ(織田家)を救い信長に大功を遂げさせしめた。

信長今更違約して加勢なくんば、吾勝頼と和融して先鋒となり、尾州(尾張国)を攻め取って遠州(遠江国)を勝頼に授け、我は尾州を領すとしよう。

汝、密かに矢部善七郎(矢部家定。ポジ的に信長の秘書)にこの由(旨)を告げるべし」と仰せになったので、

出典四戰紀聞 「参州長篠戰記」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【戦国】徳川家康。織田信長を脅して援軍を乞うw(長篠の戦い)

また短編w見つけたんで作ってみましたw激短い暇つぶしですw

このまとめを見る