大六は(再び)濃州へ往って、重ねて援兵を要請したのだが(原文:乞ひしかども)信長の許容はなかった。

(そのため)大六は早速(原文:即ち)右の密旨を矢部に語ったところ、信長は大いに驚いて軍を催しなさった。

出典四戰紀聞 「参州長篠戰記」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【戦国】徳川家康。織田信長を脅して援軍を乞うw(長篠の戦い)

また短編w見つけたんで作ってみましたw激短い暇つぶしですw

このまとめを見る