出典 www.sbbit.jp

メルセデス・ベンツの自動運転への挑戦、125年前の歴史的ルートで再び|ビジネス+IT

同社が自動運転に取り組んでいる道は、125年前に同社が世界初となる自動車の長距離走行を敢行した「ベルタ・ベンツ」(カール・ベンツの妻の名前)という歴史的なルートだ。「このルートは、路幅の細い場所から交通量の多い場所まで、いろいろな環境がある」という。1980年代には頓挫した自動運転のテーマだが、昨今は「都市部での慢性的な渋滞により、運転そのものに苦痛を伴うことが多くなった。駐車スペースも少なく、クルマの入出庫も難しい状況だ。社会的にも高齢者が増えた」。そんな社会の変化から、自動運転をめぐる環境が一変した。

この情報が含まれているまとめはこちら

【クルマのウンチク】 自動運転はすんなり行きそう?

不安や期待がいっぱいの自動運転だが、色々な取り組みを耳にすることが増えてきた。果たして東京オリンピックには間に合うのだろうか。実験成功のプラス報道と、事故等のマイナス報道が入り乱れる中、その内実を整理してみた。

このまとめを見る