1. まとめトップ

【いくつ知ってる?】TCG用語・スラング120選

トレーディングカードゲームの主な用語・スラングを集めてみました。みなさんいくつ知ってますか?ほぼ50音順MTG ギャザ 遊戯王 ハースストーン シャドウバース ポケモンカード ライバルズ デュエマ ヴァイスシュヴァルツ ラストクロニクル ヴァンガード バディファイト バトルスピリッツ

更新日: 2019年04月12日

7 お気に入り 76680 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ushirogamiさん

アーキタイプ

「大型を出して勝つ」とか「数で押し切る」とかデッキのおおまかな方針のこと。

アグレッシブ・サイドボーディング

サイドボードを利用することで、元のデッキタイプから全く違うタイプのデッキにかえる行為・戦術。

圧縮

ゲーム中、特定のカードをデッキから抜くことにより、必要なカードを引く確率を上げること。

アドバンテージ

略称「アド」
各リソースについて相手よりも良い状況。
反対に相手より悪くなる行為を「アド損」

アグロ

序盤から攻めたてる、攻撃的な戦術・デッキ。
速攻デッキの総称としてもつかわれる。

アンティ

賭け試合の賭け対象。
賭け試合を「アンティゲーム」
MTG初期ではカードをアンティとして推奨されるような記述があるが、今では疎まれる行為。

石臼

デッキのカードを取り除く効果のあるカード。
効果については「石臼効果」「ミル」とも。
元ネタはMTGのカード「石臼」がモデル。

今引き

ここぞという時に最高のカードを引くこと。TCGの醍醐味。
「トップデッキ」と同意。

イエサブ

みんなの集い場「イエローサブマリン」の略。
カード専門店の老舗。

AOE

えーおーいー「Area of efect」の略。
「味方の場のユニットを強くする」「場のユニットすべてにダメージを与える」といった、全体に効果を与えるカードの総称。

A定食

定番中の定番プレイング。主に序盤のプレイングを指す。
・一時期のMTGならば1ターン目に暗黒の儀式
・ハースストーンのドルイドならコインつかっての野生の繁茂
・アルテイルなら1ターン目光の精霊

ウィニー

小型ユニットのこと。
また序盤から小型ユニットを大量に展開し、数で圧倒する戦術・デッキ。

MTG

世界最初のTCG「Magic The Gathering」の略。「ギャザ」とも。
ミーティングの事じゃないよ。

エラッタ

すでに発売されているカードのテキストを変更すること。
目的は主に
・ゲームバランスの調整
・矛盾やあいまいな裁定の解消

置物

場には出ているが、まったく効果を発揮しないカード。

1 2 3 4 5 6 7