1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

「大根おろしアート」で振り返る!2016年に話題になった人気者たち

今年もいろんなキャラが生活を楽しませてくれた1年でした!

更新日: 2016年12月15日

potekoroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 57685 view
お気に入り追加

冬の楽しみ「鍋」に「大根おろしアート」でつくったキャラクターを乗せる「大根おろしアート」!

大根おろしで動物やキャラクターなどをかたどった、食べられるアート。

見ているだけで自然と笑顔がこぼれてしまうかわいらしさ!さらに、誰でも簡単に作れる手軽さも魅力です。

そんな「大根おろしアート」には、今年の人気が反映されていた!たとえば…

1)「ユーリ!!!! on ICE」が大根おろしアートのモチーフに!

『ユーリ!!! on ICE』はフィギュアスケートの世界を描いたオリジナルアニメーション

アニメ史上初の男子フィギュアスケートを題材としたTVアニメ「ユーリ!!! on ICE」。大人気漫画『モテキ』で有名な久保ミツロウなど豪華制作陣が参加している同アニメは「ストーリーも作画も凄い! 今季最高のアニメかも」「最初はあまり注目していなかったけど、見たら一発でハマった」と、その高いクオリティーで話題を集めている。

世界各国のトップスケーターたちの挫折と成長、友情を描いた作品で、ロシアのフィギュアスケート選手で昨季の世界選手権を制したエフゲニア・メドベージェワ選手(17)も熱中している。

フィギュアスケートの世界女王、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手も自身のTwitterで、「最高ね、次回が待ち遠しいわ」「(勇利とヴィクトルがイチャイチャしてる場面で)いいぞ、もっとやれ(意訳)」とツイートし、さらにはコスプレを披露するなど、話題性は抜群なのである。

▼そんなユーリ!!!に出てくる犬「マッカチン」の大根アートがTwitterで話題に!

犬種はスタンダードプードルで、みんなのアイドル的存在だwww

大根おろしアート可愛いけど食べる時の罪悪感はんぱない。ギリギリまで崩さなかったから最終的に大根おろしが大量に鍋の中に残った。 pic.twitter.com/w1Fkotk37J

その2)「ポケモンGO」のキャラクターが「大根アート」に!

位置情報とARを使った新しいタイプのゲームとしてリリースされ、社会現象を巻き起こすほどのブームになりました。配信後は遊び方や攻略方法が多く検索された

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(Pokemon Go)」のアクティブユーザー数が2000万人余りに上り、大人気を呼んだ

松本人志は「俺、『ポケモンGO』でええと思うもん!」と、今年、日本含め全世界で大流行したゲームアプリこそ大賞にふさわしかったとコメント

▼そんなポケモンGOのキャラクターを大根おろしアートにすれば、子供たちが喜ぶこと間違いなし!

メタモン、サイドン、ラプラスを探し続けてるのに全然見つからなくて、今日やっとラプラスを見つけた( ´ ▽ ` )!!! #ポケモンGO大会 #大根おろしアート pic.twitter.com/dJLepiJUCO

流行りの大根おろしアートで やせい の ピカチュウ が あらわれた!▼ pic.twitter.com/RS0nDdlnCy

1 2





potekoroさん

シンプルでわかりやすく役に立つまとめ、ポジティブで読むと少し元気がでるようなまとめを目指しています。
なるべく更新していきますので、気になる記事はお気に入り登録していただけると嬉しいです。