1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

学習院女子中等科1年生のときに文集に掲載された短編小説の書き出し。愛子さまの“文才”は、初等科時代から校内では有名だったという。

「作文がお上手なだけではなく、研究レポートも実に緻密で、“12歳でここまでお書きになるのか”と、保護者たちも驚いていました」(学習院の保護者)

初等科卒業式直前に発表され、大人たちをうならせたレポートのタイトルは『藤原道長』。平安時代中期に摂政などとして権力をふるった貴族をテーマに選ばれていた。

「歴史的事実を的確にまとめるだけではなく《藤原氏が政治を行っていた時に、天皇はどのような役割を分担していたのだろうか》と、ご自身のご先祖についても言及されていたのがとても印象的でした」

英語や英国の文化を学ぶ。ここで気になるのは愛子内親王の語学力だ。

「愛子さまは初等科4年生から英語を学んでいます。プライベートでも家庭教師を付け、時折、語学堪能な雅子さまからも教わっています」(宮内庁関係者)

 昨年来日したスウェーデンのヴィクトリア皇太子やデンマークのフレデリック皇太子夫妻など、外国からの要人や賓客とも英語で会話し、周囲を驚かせた。

皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、高校の夏休みを利用してイギリスに滞在し、英語教育のサマースクールに参加される方向で準備が進められていることがわかりました。

関係者によりますと、学習院女子高等科2年生の愛子さまは、夏休みのことし7月下旬から8月上旬にかけて3週間近くイギリスに滞在し、ロンドン郊外の名門校「イートン校」が提供する英語教育のサマースクールに参加される方向で準備が進められています。

愛子さまは、ほかの生徒たちと寮生活を送りながら、学校での授業のほかさまざまな体験を通じて、英語によるコミュニケーションやイギリスの文化について学ばれる予定です。

皇太子一家の写真にいつも一緒に写り込んでいる『愛犬』も一緒かどうかが心配だったりする。 /愛子さま、英国に留学 今夏に3週間、初めての単独海外(朝日新聞デジタル) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-…

動画PickUp→ 「愛子さまは嵐が好き」で思い出す、眞子さまとジャニーズに関する紀子さまのお怒り。「あれは一体何だったのか…」 - 13.movedia.net/3930.html pic.twitter.com/3Q9iEIVBEt

宮内庁は6日、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(16)がスキー合宿のため滞在していた長野・奥志賀高原のホテルで、インフルエンザを発症されたと発表した。

 同庁によると、学習院女子高等科1年の愛子さまは8日まで冬休みで、4日に奥志賀高原のホテルに到着した。同日午後にインフルエンザを発症したが、東宮侍医の治療で熱が下がり、6日に北陸新幹線で帰京したという。

「秋篠宮さまのあとは愛子さまが即位を」と言っているのだ。これはダメだ。

秋篠宮さまが「退位」あるいは「崩御」されるときは、何年後なんだ?
20年後?あるいは30年後?
愛子さまはその頃はもう結婚されて、民間人になっている。遅すぎるのだ。
先に女性宮家を創設しておかねばならない。

さらに、新天皇から秋篠宮は傍系継承になり、その後、愛子さまになると、また傍系継承になり、継承の順位がメチャクチャになってしまう。

皇位の継承の基本は「直系」である。
新天皇(現皇太子)の次が愛子さまというのが正当な直系継承なのだ!

【皇室】愛子さま、スキーで滞在していた奥志賀高原のホテルでインフルエンザを発症された 2nn.jp/NP1ExPME

日曜日をはさんで8日連続で学校を欠席されたことになります。11日には筑波山(茨城県)への遠足も予定されていましたが、これも欠席。4月8日の入学式直後にも3日ほどお休みになっており、合計でかなりの日数を欠席されていることになります」(皇室記者)

 5月3日にウィーン少年合唱団の公演を皇太子ご夫妻とご鑑賞。5日にも車椅子バスケの日本選手権決勝をご一家で観戦され、愛子さまはお元気な様子を見せられていた。

 それだけに、お休みが重なっている事実は、宮内庁担当記者にも衝撃を与えた。皇太子ご一家のご様子は、毎週金曜日に行われる定例会見で東宮大夫が宮内記者会に発表することになっている。5月12日、愛子さまの欠席が伝えられた会見は紛糾した。

激やせが心配されている愛子さま(15才)。宮内庁関係者によると、1年間で18kgもお痩せになったとされている。

 身長と体重から導きだされる、人の肥満度を表す体格指数を「BMI(「BMI」は体重(kg)を身長(m)の2乗で割って計算される。例えば身長160cmで50kgの人の場合、50÷(1.6×1.6)で、BMIは19.5となる。小数点以下第2位は切り捨て)」と呼ぶ。

『世界保健機関(WHO)』の肥満基準では、BMIの数値の標準は22で、18.5~25の範囲が「普通体重」とされる。愛子さまの身長(164cm)と、体重37kgで計算すると、BMIは13.8となる。これは、「やせ型」に分類される16.1~18.4のさらに下、「やせすぎ」の基準となる16を大きく下回る数値だ。

「映像を拝見する限りでは、摂食障害の可能性が高いと思います」

 と話すのは、日本産科婦人科学会専門医である松村圭子医師だ。

「10代の成長期に低栄養になると、月経不順になる子どもや女性は多い。将来の不妊や骨粗鬆症につながり、非常に深刻です」

 日本摂食障害協会理事長の生野照子医師は、早期治療が回復の鍵だと訴える。

「発症から1年半くらいまでの早期に治療できないと、摂食障害が慢性化しやすい。日本では専門の医師が少ないこともあり、『死にはしない』と一般的に受け止められがちですが、精神疾患の中で致死率が最も高いのが摂食障害なのです」

 ただし、愛子さまはほぼ毎日登校し、普段どおりの学校生活を送っている。大きなチェロを担いで登校したと報じられ、23日の皇太子さまの誕生日のお祝いの場にも、姿を見せた。

2月23日、57歳の誕生日を迎えられた皇太子さまの近影が公開されたが、一緒に写っている愛子さまのお姿は人目をひく“衝撃的”なものだった。

「昨年末にもかなりやせた印象でしたが、今回は以前にもまして顔や足首が細くなられていました。昨秋に学習院を43日も長期欠席されていますし、体調に問題がないか心配です」(宮内庁担当記者)

 昨年からご両親と一緒に公務に出られる機会が増え、人々の注目度が上がったことが愛子さまの“面変わり”につながったのだろうか。

新谷医院院長で摂食障害に詳しい精神科医の新谷太さんは以下のような見解だ。

「今後の高校生活で体力を使う行事に参加される際は、身体のことをきちんと検査されることが必要となるでしょう。

 ご本人がやる気満々でも検査に異常があれば、参加をお控えになるなど対応が求められると思います」

 ある学習院関係者からも、愛子さまの「高校進学」を不安視する声が。

「中学までは義務教育なので欠席が多くても卒業できますが、高校では単位取得が原則。体調が理由でも欠席が多ければ“留年”や“中退”という可能性も否定できません」

精神科医で教育評論家の和田秀樹さん。

 半蔵門での愛子さまも、公開された写真と同様、以前よりフェイスラインがシャープになり、目や耳が大きくなった印象に。不整脈による突然死や、低血糖で昏睡に陥るリスクもある拒食症について、和田さんが続ける。

「拒食症はやせたほうが美しいと思い、やせることに達成感をもち食べないことや吐くことによって体重を減らす症状ですが、特に思春期は発育に影響します。

 栄養がとれないということは、免疫力が低下するので、風邪もひきやすく、病気になりがちです。ふらつきが残っているのは栄養不足による低血圧だと考えられます」

愛子さまが15才の誕生日、おめでとうございます。確かにやせすぎている。急激に背が伸びる時期にダイエットをして、バランスが崩れたのだろう。 みんながやせて綺麗になったと口々に言うから、やせたら喜んでもらえると思ったのかもしれない。 学校には通われるようになったというから、少しづつ体調が戻ればいい。成長期にはたくさん食べなきゃだめだ。 だが、愛子さんくらい幼い時から困難に立ち向かっている子もそうそうい...全文読む

1 2