1. まとめトップ

勉強しなさい!と言わずに子供に勉強させる方法

勉強しない子供にイライラする親も多いと思いますが、「勉強しなさい」と言わずに勉強させる、効果的な方法をまとめてみました。

更新日: 2016年12月20日

9 お気に入り 9595 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Pilgrimさん

つい言ってしまいますよね・・・

テレビばっかり見ている,ずっとゲームをしている,親が言っても勉強しない……子供が勉強せず困っている親御さんは多いことでしょう。

「勉強しなさい!」「今日の勉強はやったの!?」「明日の勉強も先にやりなさい」――このような声掛けを行っている場合,子供が勉強嫌いになる可能性があるので,注意が必要です。

答えはいたってシンプル

親は勉強しないのに、子供にばかり「勉強しなさい」と言う親がいます。
そんなときに子供は「親が勉強していないのに、なぜ自分だけ勉強しなければいけないのだろう」と、不満を抱きます。

子供は、手本である親から言葉や態度、礼儀やマナーだけでなく、性格や感情までも真似をして学びます。

「学ぶ」という言葉の語源は、古語の「まねぶ(真似をする)」から来ています。
「真似る」「真似て言う」「そのまま伝える」「勉強する」「教えてもらい、身につける」など、「まねぶ(真似をする)」は枕草子や源氏物語にも多々登場しています。

幼い子供は模倣を通して学ぶのであれば,当然ながら,親が模範とならなければいけません.「何々しなさい」とか,「何々してはいけません」とか,口先だけで述べても全く意味がないわけです.すべてを自分の行動で示さなければなりません.

親が「本を読め」と言ってもなかなか読まず「うちの子は本を読まなくて困る」と言っている小学生を持つママがいます。
そして、親は読書なんかしないでLINEやパソコンに浸っていたりします。

意外なことと思うでしょうが、子育てのためにはまず自分磨きを行うことです。
親であるあなたが素晴らしい人であれば、子供はあなたを手本に、しっかり育っていってくれるのです。

教育には環境が大事・・・代表例はこれ

「孟母」とは、孟子の母親のこと。
「三遷」とは、住居を三度移し変えること。
孟子の家族は、はじめ墓場の近くに住んでいたが、孟子が葬式ごっこをして遊ぶので、市場の近くに引っ越した。
市場の近くに住むと、孟子は商人の真似ばかりして遊ぶので、学校の近くに引っ越した。
すると孟子は礼儀作法の真似ごとをするようになり、孟子の母は「この地こそ子供にふさわしい」と言って、その地に落ち着いた。
やがて孟子は成長すると、六経を学び、後に儒家を代表する人物となった。

これはどういうこと?

メルツォフとムーアは、生後42分から71時間(平均32.1時間)の新生児に、大人が舌出しや口の開閉を行って見せたところ、新生児がそれを模倣したことを報告している。

ミラーニューロンは幼児期に盛んに形成される。赤ちゃんが笑えば、親はそれを見て笑う。そして、親の笑った顔を見て、また赤ちゃんは笑う。このような親の模倣のおかげで、赤ちゃんは笑うのに必要な運動計画と、自分が笑った行動を関連づけられる

人間の自己認識の形成や、自分自身を客観視できる能力は、ミラーニューロンによって左右される。そして、ミラーニューロンは発達過程において他者との相互交流が重要になってくる。そこには模倣が重要な要素となる。そのため、子どもが幼少期に最も長い時間を過ごす、親子との関係が大切になってくるのは想像できるであろう。

実はこれ、いろんなことに応用ができて

赤ちゃんは、ミラーニューロンの働きによって他人の行動をまね、学習し、知性を育てます。このことは、赤ちゃんに限りません。大人も他人をまねることで学習し、料理やスポーツなど日常的なことから、偉人の生き方を学ぶときまで、幅広く自分を成長させることができるのです。

子供に何かを身に付けさせたいと思ったら、よいお手本を見せるのが一番です。脳の中のミラーニューロンという細胞が働き、お手本を見ることで実際に自分もその通りに動けるようになるのです。つまり、ミラーニューロンは見ているだけで真似しやすくさせる機能を備えているわけです。

例をあげてみましょう。野球のバッティングを初めてやるとき、コーチが自分でバットの振り方を見せるとします。それを子供が見ている時、ミラーニューロンが働いて、その動きを頭の中でやってみているのです。

すると、実際に自分でもバットを振ってみた時、コーチに近い動きをすることができるというわけです。これが、お手本なしで言葉だけの説明だったとしたら、うまくはいきません。

お手本を見せるというこのやり方をもっと効果的にする方法があります。それは、お手本を見た後に、頭の中でもう一度、どうやっていたのかを振り返ってみることを、子供にさせてみるという方法です。こうすると、ワーキングメモリも働き「見たことを覚える」という作業を脳にさせることもできるのです。

逆に、悪い習慣も・・・

会社ではシャキッとしていても、家ではだらだら~

しかし、ミラーニューロンがあるために発生する問題もあります。暴力映像を見せられた集団と見せられていない集団では、見せた集団で犯罪率などが多くなる傾向にあります。薬物では、一度足を洗ったとしても、他人が薬物を使用する映像を見ることにより、再び薬物へ手を染めてしまうことがあるといいます。

1 2