1. まとめトップ

これも時代か…いつのまにか「合コンが時代遅れ」になってた

一昔前は出会いの場といえば「合コン」だったのですが、どうやら今は全く違ってしまっているようです…。

更新日: 2016年12月12日

5 お気に入り 32540 view
お気に入り追加

■出会いの場!といえば合コン

お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平(45)が5日、結婚を発表した。本人の口から「合コン婚」と語るように合コンで知り合った女性と約2年の交際を経て、ゴールインを果たした

お相手の女性とは合コンで知り合った一般女性とされていることについては「それ(合コン)しかない、芸人さんは多い。それだけ忙しく仕事しているし」と話した。

神田うのさんの発現です。

■しかし、その合コンが「時代遅れ」になってるみたい

「合コンに関する調査2016」によれば、「参加したくない」という人は71.3%にも達した

合コンって行ったことない…大学時代ぼっち(文字通り)だったから大学生とかのノリもわからない…

ぼく「合コン行ったことない」 いとこ「まじかよwwww大学生なのにwwwww」 ぼく「・・・・・・」

■その理由がいまどきだった

合コンが減った理由、それはやはり時代の流れによるところが大きいのではないでしょうか。特に、近年爆発的に利用者が増えた「SNS」が大きな要因

SNSやオンラインマッチングサービス、ソーシャルゲームなどでの出会っているカップルが増えてきている

特に20、30代の割合が高く、25~29歳では21.53%、30~39歳では21.29%と、5人に一人がインターネットで恋人と出会っている

「恋人とであったキッカケ」として合コンは4%しかありませんでした。出会いの王道として認知されている合コンですが、実はマイナーな存在

イイ出会いがあるなら出費した甲斐があっても、「時間のムダっ!」と言いたくなる巡り会いしかなければ、お金をかけるのがバカバカしくなる

「仮に合コンに行ったとしても、イイ男がいなかった時まじで時間の無駄。会費なんてとられたら損しかなくて、もはや笑えてくる」

厳しい意見です。

■そして最も多い理由としてあるのが「人見知り」

初対面の相手と会話をするのが苦手な人ほど、合コンは地獄のような時間に感じてしまう

NHKネットクラブアンケートで「自分は人見知り」と答えた方は、実に64パーセント

外国人に比べて、自己アピールが小さい日本人はその日本人の大人の6割が人見知りだとか。

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします