関東ローム層から出土する笠間粘土や花崗岩の風化によってできた鉄分を多く含む蛙目(がいろめ)粘土と呼ばれる陶土によって作られる。笠間粘土は粘りが強く粒子が細かいため焼き上がりが丈夫であり、当時の日常雑器としては理想的な土だった。
「特徴がないのが特徴」と言われている。戦後、伝統にこだわらない自由な作品が作れる笠間の気風を求めて各地から若い陶芸家たちが集まったためで、現在では安価で実用的な水瓶や徳利から芸術的で斬新なデザインのオブジェまで多

出典笠間焼 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【温まろう!】陶工がつくり出す、すてきなコーヒーカップ

日本の陶器の産地かたくさんあります。すごく有名な産地じゃなくてもすごいステキなカップがたくさんありました。いつも洋食器を使ってる人もたまには和のカップでほっこりしてください。

このまとめを見る