1. まとめトップ

栃木県だけ⁉︎超希少!幻のキノコうどんが絶品‼︎

栃木でしか食べれらない絶品の幻のキノコうどんについてまとめました。

更新日: 2016年12月13日

4 お気に入り 14603 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mreiseさん

栃木県民しか食べない幻のキノコがあるらしい…

香りが強く、調理法によっては独特の良い出汁が出るため、うどんや蕎麦のつゆなどに具として用いられる場合もある[2][3][5]。特に栃木県ではチチタケとその近縁種[6]はチタケの名で好んで食べられ、炒めたナスとチチタケをつゆに用いる「ちたけそば」は代表的な郷土料理として親しまれている[3][5]。

つゆをひと口飲むと、まつたけを彷彿とさせるきのこ特有の豊かな香りが、鼻の中に満ちてきました。こんなにもしっかりと感じられるとは、驚きです。

昆布と干ししいたけ、かつおでとっただしに、ちたけのだしも加えているので香りのあるつゆに仕上がるんです。ちたけは“乳茸”と言われているくらいで、割くと牛乳のような白い液が出てきます。それが香り高いだしの素になるんですね

ちたけは食感も独特。プリプリしたしいたけやシャキシャキしたまつたけとはまた違った、グニグニとした弾力があり、かめばかむほど味がしみ出てきます!

美味しすぎて栃木県民は旬のシーズンになると血眼に探すらしい…

日本の栃木県では毎年のシーズンになるとこのキノコを目当てに山林に分け入り、遭難し死傷する者が後を絶たないほどの人気があった[9]。

遭難って…笑えないくらいの血眼さ…

血眼で探す価値のある美味しさ!

昼飯の時間だな 栃木を離れる前にチタケうどん ん〜こでらんね〜 pic.twitter.com/5q5sseXReg

北関東ではチタケとかチチタケとか呼ばれるキノコから出汁を取ったツユでうどん・そばなどを食べる.チタケ自体非常に貴重でナカナカ食べられないのだが,非常に独特な香りとモリモリなウマミが北関東の人間を魅了する.先日母がチタケを貰ってきたらしく,ついさっきその出汁から作ったうどんつゆを飲

今日はチタケうどんつくろ。こんなに美味しいのに他県では一切食べられていないってどういうことなの…

今日の晩ご飯はチタケうどん♡ ドュフフ♡ pic.twitter.com/BghUFBO7zC

思わず笑みが溢れる美味しさ!

でも、チタケは今やなかなか出回らない幻のキノコ…

栃木県でチチタケを食用とする習慣は少なくとも江戸時代の享保年間の時点で記録が存在し[10]、かつては身近な食用キノコであったと考えられている[4]。しかし1990年代から2000年代頃になると、乱獲や雑木林の荒廃などによって栃木県内産のチチタケは減少傾向にあり、生の日本産がマツタケ以上の高額で取引される場合もある一方、安価な中国からの輸入品が水煮などの形でスーパーマーケットに出回るようになった[3][11]。

海外産は手に入りやすいけど、やっぱりあの濃厚な出汁は国産じゃなきゃ出ないんですよねえ

そして、さらに追い討ちをかけたのが原発事故…

2011年3月11日の東日本大震災では、栃木県と隣接する福島県で福島第一原子力発電所事故が発生し、チチタケの消費地や産地に深刻な放射能汚染の被害を及ぼした。2011年9月には福島県棚倉町に自生していたチチタケから、当時の暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)の56倍に相当する1キログラムあたり28,000ベクレルの放射性セシウムが検出されており[13][14]、翌年の2012年10月には福島から離れた青森県でも、その時点での食品衛生法の基準値(1キログラムあたり100ベクレル)を上回る1キログラムあたり120ベクレルの放射性セシウムが検出されている[12]。

その消費に大打撃を与えたのが、2011年の福島第一原発事故だった。本県内で採取されたチタケからも、規制値を大幅に超える放射性セシウムが検出され、県が自家消費も控えるよう呼びかける事態となったのだ。

チタケうどんは元々家庭料理です。お家で作ることがほとんどなのですが、スーパーで買えないため食べる機会も減っていきました。

原発事故の影響で親しみのあった郷土料理が減りつつあるというのは悲しいものです。

地元の震度が知りたくてぐぐったら出てきた。これもたしかにうまいんだが、これを名物としてこうも押しはじめたのは元々名物だったチタケっていう野生キノコの出汁の蕎麦・ウドンが原発のせいでダメになったからだからな。ほんと悲しい

原発事故があってからチタケなんて見なくなっちまった

1 2