1. まとめトップ

屈強な自衛隊員でもノロには勝てない!10年ぶりに大流行!

「感染性胃腸炎」が流行し、10都県で「警報」が発令されている。

更新日: 2016年12月13日

1 お気に入り 2990 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼ノロウィルスとは

非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属である。

▼患者数は過去10年でワースト2位

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者が、直近の1週間で約4万人以上にのぼり、この時期としては過去10年で2番目に多くなっていることが2016年11月29日付の国立感染症研究所の患者数報告でわかった。

▼各地で感染被害が出ている

|陸上自衛隊富士駐屯地で集団感染

隊員など約350人が下痢などの症状を訴え、うち数人が入院したと明らかにした。

|海上自衛隊呉教育隊でも

海上自衛隊呉教育隊に所属する隊員と職員合わせて61人が7日から9日にかけて、おう吐や下痢などの症状を相次いで訴えました。

|熊本県では

南小国町の保育園(園児数26人)の餅つきで、園児や家族ら0歳から89歳の男女52人が食後に下痢や嘔吐[おうと]などの症状を訴え、ノロウイルスによる食中毒を発症したと発表した。

|大阪府では

四條畷保健所(同府四條畷市)管内の幼稚園で、園児と職員計113人が下痢や嘔吐などの症状を訴え、うち2人からノロウイルスを検出したと発表した。

|茨城県では

水戸市や神栖市、古河市などの小学校や保育所、認定こども園の計11か所で、計518人が嘔吐おうとや下痢などの症状を発症し、園児や職員ら計42人からノロウイルスが検出された。

▼ノロウイルス感染症の感染経路、潜伏期間は?

■患者からの伝染
飲食物によって感染した患者、あるいはさらにその患者から感染した患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐物から、人の手などを介して二次感染する。人から人への感染のほうが数が多いといわれている。

■飲食物からの感染
ウイルスを溜め込んだ食材(よく言われるのはカキやアサリ、シジミなどの二枚貝など)を食べることや、ウイルスが表面に付着していたり、食器についていたりする食品を食べることで感染する。

▼ノロウィルスの予防方法は?

|手洗いは石鹸でしっかり

手洗いは手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。
帰宅時や調理を行う前、食事前、トイレの後に、流水と石鹸による手洗いを行いましょう。

1 2