1. まとめトップ

ミラ・ジョヴォヴィッチとセクシー対決…ハリウッドデビューするローラが凄い!

「バイオハザード:ザ・ファイナル」のワールドプレミアが本日12月13日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、来日中のミラ・ジョヴォヴィッチらキャストとスタッフが登壇した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年12月16日

5 お気に入り 62248 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○もうすぐ公開の「バイオハザード:ザ・ファイナル」

ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いを描く。

12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開となる究極のアクション超大作シリーズ第6弾にして最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』。

○日本で映画のワールドプレミアが開催された

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)のワールドプレミアが13日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、監督・キャストが集結。

ミラジョボビッチもローラもめっちゃ綺麗だし、エヴァちゃん可愛すぎ

○「国際女優」の貫禄を見せつけたローラ

イベントにはジョヴォヴィッチのほか、アリ・ラーター、オーエン・マッケン、ローラ、イ・ジュンギ、ウィリアム・レヴィ、エヴァ・アンダーソン、監督のポール・W・S・アンダーソンが出席。

ジョヴォヴィッチと同様に右足に大きくスリットの入ったセクシーなドレスで登場したローラは海外メディアの取材には英語で受け答え「国際女優」の貫禄。

「まず台本の世界観に感動。セットの大きさにもびっくり。初めての私にみんな優しくしてくれて、感動的な体験でした」と振り返った。

ハリウッドデビューするローラは「この映画に出られたことは凄くうれしい。最高に楽しい撮影だった」と笑顔。

○ローラは女戦士・コバルトを演じている

ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人公アリスと共に、世界中の人々をアンデッド化した巨大企業アンブレラ社に戦いを挑む女戦士、コバルトを演じている。

仲間とともに熾(し)烈な戦いを繰り広げる凛とした表情は、日本のバラエティー番組でみせるキュートな素顔とはまったく違う印象だ。

○ミラ・ジョヴォヴィッチはローラの演技を絶賛!

ローラとの撮影についてミラは「皆さんがこの映画を見たらショックを受けると思います。ローラさんがそれくらい、今の雰囲気とまた違って、激しい戦士に変身しているからです」

「でも、衣装を身に着けて大きな銃を手にすると、彼女はクレイジーな戦士に早変わりしたんです。それを見たときに、彼女は女優として素晴らしいんだなと感じました」と称賛した。

「その変身ぶりを見たときに女優としてもすばらしいと感じました」と絶賛した。

○"OKポーズ"で会場を沸かせた

隣で聞いていたローラは「センキュー! ミラ!」と感激し、ミラがローラのトレードマークだった"OKポーズ"を披露すると、うれしそうに一緒にポーズ。

1 2