1. まとめトップ

【ブラック登場】AirPods いまだ6週間待ち。

「AirPods」は、Apple製品専用無線イヤフォン。米Appleは12月13日(現地時間)、10月から遅れて日本や他の国で発売。

更新日: 2017年02月01日

4 お気に入り 42379 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cokeistさん

「BlackPods」がニューヨークにて登場しました。このサービス、AirPodsに3層のコーティングを施すことで上画像のように真っ黒に染めるだけでなく、引っかき傷にも強くなるんです。

BlackPodsは現在、塗装済みのAirPodsなら249ドル(約2万8000円)、製品を送っての単純な塗装依頼なら99ドル(約1万1000円)にて予約を受け付けています。後者の場合、輸送時間を含めないで3日ほど時間がかかるようです。

Appleによって1月14日に公開された新CM。CMは上の映像だけでなく、全部で4種類公開。Siriの起動とiPhoneとのペアリングにフィーチャーしたCMや、AirPodsを音符に見立てたちょっとシュールなCMがあります。

米Appleは12月13日(現地時間)、10月に発売するはずだったApple製品専用無線イヤフォン「AirPods」を日本を含む100市場以上で発売したと発表した。日本での販売価格は税別1万6800円。

ようやく発売され、年末商戦に間に合ったが、現在出荷日が4週間待ちに… クリスマスに間に合う人は少ないだろう。

人それぞれ好みは違うので一概には言えないが、ダサい…

iPhone付属のイヤホンマイク、EarPodsと1文字違いのスペル。

EarPods利用したことがある人は多いかと思います。耳にフィットせず痛いよね、

AirPodsどこがすごいの?

その形状から、ネット上では「絶対に落とすだろwww」「耳からうどん出てるみたいwww」「チンアナゴwww」などとイジられており、発売前からずっと話題にはなっていました。

確かに電動歯ブラシの替えブラシのようにも…

iPhoneとAirPodsのペアリングは、驚異的に簡単だった。

iPhoneのそばでAirPodsのケースを開くだけで、ペアリングが終わるようだ。ここが他のサードパーティ製Bluetoothと比べ便利だろう。一度使うと手放せなくなるかも。

AirPodsでは、左右のイヤホンが完全に独立。

一般的なBluetoothイヤホンは、ワイヤレスと謳っているが左右がケーブルで繋がっているものが多い。完全に独立したことで、激しい運動時にイヤホンを落とすリスクが心配ですが、ケーブルの煩わしさからは開放されます。

15分の充電で音楽を3時間聴ける

充電は付属の専用ケースに入れるだけで開始される。そしてケースから取り出すだけで周囲にあるApple製のデバイスを認識して自動的につながるのだ。

他のBluetoothイヤホンではダメ?

BeatsからもW1チップ内蔵のワイヤレスイヤホンが2機種でています。価格は¥19,800 (税別)

5000円以下の高コスパ。8時間連続再生時間。イヤーホックで快適にフィット。耳から落ちない。

ものぐさならAirPods‼

やはり純正であるAirPods のペアリングは爆速。無くさない自信と素早く聞きたいペアリングがめんどくさいと感じる方はAirPodsがおすすめ。無くしたくない音質が良くてかっこいいものが欲しい人はbeatsXがおすすめ

ワイヤレスでなくてもいい。3000円以下の高コスパイヤホンといったらこれ!独自のAC(Air Cycle)Control TechnologyによるDual Sound Systemを搭載し、一台で二つの音色を楽しむことができる新しいタイプのイヤホンです。

1