1. まとめトップ
  2. おもしろ

深い…Twitter民たちの胸に響いた「忘れられない先生の話」

その道の先生たちの話は、たった一言の中に、忘れられないほど深い意味が凝縮されているようです!

更新日: 2016年12月18日

potekoroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
481 お気に入り 283071 view
お気に入り追加

■まずは「病院の先生」の忘れられない話から!

その神様が仏様になるのが…ここです!

そういえば昔病院でいちゃもんつけていた爺さんが、「お客様は神様じゃねえのか!」って言ってる所に主治医らしい人が来て言い放った言葉が今でも衝撃的。 「その神様が仏になるのが病院ですよ。」ニッコリ 他の患者までシーンってなってた

今日病院の先生が言った名言 「大学や高専は知識は与えるのに、適度な休養の取り方は教えない」

■そして「メンタルの先生」の忘れられない話

メンタル病院の先生に「オッさんの自撮りってなんであんなに不快なの?」って聞いたら「普通、ポートレートというのは自分の素敵なところをアピールするために撮るんですよね。オッさんの自撮りには、どこにもアピールポイントがない。素敵なところが一つもない。それが不快なんだと思います」だって。

メンタル病院の先生の治療方針は基本的に「他人に巻き込まれないこと。他人と自分との距離を取ること。他人と自分は違う意思を持つ生き物だと理解すること」なんだけど、それだと究極無人島で暮らせばいいってことでしょ!って反論したら「無人島で暮らせないからこそ距離感が大事なんです」だってさ。

■「眼科の先生」の忘れられない話

よくコスプレしてた頃、安易に買ったカラコンを使って失明しかけた。「医師の処方箋なしに購入したコンタクトレンズを使うんじゃない」と叱ってくれた眼科の先生に感謝してる。 「今が楽しけりゃ見えなくなってもいい」と言うレイヤーの友人も居たけど、カラコン使う人、入手の仕方をよく考えてほしい

数年前に眼科の先生に言われたことが衝撃的で、今だに目が調子悪いと思いだしてしまう。 『長時間、逆さにされたりとかありました?』 『。。。ないです(´・_・`)』

そういうことですか…うん、わかります。

20歳男性が流行性角結膜炎なって同居中の年下の弟も感染してますって国試問題に眼科の先生が「20歳男性がなんで年下の弟と二人で同居してるんですかね…そういうことですかね…」つってて、兄弟の業は深いなと思いました(いやどういうこと?)

今日行った眼科の先生に言われた「一週間かそれ以上はかかるかもしれないけれど、必ず治るから」って言葉に感動したなぁ。他の病院ではそんなこと一言も言ってくれなかったし、治らないわけがないんだけど、いざ言葉にされるとすごく嬉しかった。

■「脱毛の先生」の忘れられない話

医療レーザー脱毛してきて色々と先生が面白かった 濃いところは重ね打ちしてくれたんだけれど、「ボーナスショットだと思って!」は名言だよ先生…… しかしやばいくらい痛かった……病院でよかった……アトピー肌の人は剃っても抜いても毛埋まるからレーザーオススメって先生が言ってたよ

■「学校の先生」の忘れられない話

自分の中で大事にしているのが、高校の美術教師が言っていた「センスって、イコール知識量なんですよ」という言葉。一見才能があって軽々やっているようでも、裏には相当の知識と経験がある、と。 これが頭にあるとセンスのある人を妬まなくなるし、「センスないから」が努力しない言い訳にならない。

一晩でいままで積み重ねてきたことを復習するものだぞ!

一夜漬けってのは、一晩で勉強することやない。 今まで積み重ねてきたもんを、一晩で復習するもんや #先生に言われた衝撃的な一言

でもね、だんだん真面目になっていく変化が大好きなの!

#先生に言われた衝撃的な一言 「先生は正直に言ってしまうと、中学生が大嫌いです。うるさいので。でも、今までおちゃらけていた生徒が、3年になって真面目になっていく変化を見るのはとても好きです。」 国語の先生の自己紹介

全員が異性を好きになるとは限らないでしょ!

1 2 3





potekoroさん

シンプルでわかりやすく役に立つまとめ、ポジティブで読むと少し元気がでるようなまとめを目指しています。
なるべく更新していきますので、気になる記事はお気に入り登録していただけると嬉しいです。