1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ちょっとした外出に使えるサコッシュバッグのまとめ【散歩 / 自転車 / アウトドア 等】

2016年から徐々に人気の上がってきたサコッシュバッグのまとめ。●アウトドアプロダクツ ●エディーバウアー ●フレドリックパッカーズ ●コーエン ●ポーター ●ヤックパック ●アライテント ●グラナイトギア ●モンベル 等。順次更新していきます。

更新日: 2017年04月22日

Bunny_Robberさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 63183 view
お気に入り追加

サコッシュって?

フランス語で鞄や袋の意味。ツール・ド・フランスなどのマルチステージがある自転車のロードレースの最中に、この中に入っている食料などの補給食や水筒などを受け取るために用いられる。

写真中央に写っているのがサコッシュバッグ。マルチステージの自転車レースでは、ハンガーノック(糖分不足)状態を防ぐために走行中に補給食をサコッシュに入れて手渡されます。
このようなシーンで使用されるサコッシュは走行の邪魔にならないよう、軽量で簡素な作りとなっています。

受け取った彼らは、その中身をジャージのポケットに移し変えて・・・
サコッシュはポイ。
なので本物?のつくりは結構チャチくてペラペラ。

実際にレースで使われるサコッシュは使い捨てのバッグです。ちなみに、捨てられたサコッシュはお土産として観客が持っていってしまいます。

近年ではいくつかのアウトドアメーカーなどが、より機能的なファッション用の簡単な肩掛け鞄としても販売している。

アウトドアブランドが作るサコッシュは軽量なものが多く、用途としては地図やカメラなど小物を入れる際に使用されます。

普段使い系サコッシュ

| OUTDOOR PRODUCTS【アウトドアプロダクツ】

B5が入るサイズ+各所のポケットで容量に優れたバッグ。中には取り外し可能なオーガナイザーがあります。

寸法:W33×H23×D4
価格:¥ 5,292

オーガナイザーはサコッシュには珍しい仕様です。
ポケットの数は計5つ(外側3/内側2)あります。

財布や携帯を入れるのに丁度良い軽めのバックです。
綿製のサコッシュバックは数多くありますが、通勤で使うにはみすぼらしかったので対象外でした。
本革製の高価なバックも自分の趣味ではないので、丈夫で値段が手頃なバックを探していたところこの製品を見つけました。
OUTDOORの製品は縫製も材質もしっかりしているので、自分はいい年をしたオッサンですが、このブランドを好んで使っています。

| URBAN RESEARCH DOORS【アーバンリサーチドアーズ】

薄手のナイロンを使用した、軽量なサコッシュ。ショルダーストラップをカラフルな紐に交換することができます。背面にメッシュポケットがあります。

寸法:W27×H20
価格:¥4,320(税込)

| Eddie Bauer【エディー・バウアー】

引裂きに強いナイロン素材を使用した、エディ・バウアーの定番シリーズのバッグ。中と背面にもポケットが1つづあります。

寸法:H23×W32×D2cm
容量:1.0リットル
価格:3,900円(税別)

| KELTY【ケルティ】

三角のロゴでおなじみのケルティのバッグ。クラシックなアウトドアテイストのカラーがケルティらしいです。

寸法:H18xW25.5
価格:¥ 3,240

子供と公園など出掛けた時に貴重品やスマホなど必要最低限の荷物が入るショルダーバッグを探してました。レビューで見た通りマチはないけど、長財布とスマホ、ハンカチ、ティシュなどぴったり入ります。下げてても邪魔にもならずシンプルでどんな格好にも合うと思います!

| coen【コーエン】

キャンバス素材のシンプルなサコッシュ。間口はマグネットで留められます。

寸法:W33×H23
価格:¥2,916(税込)

1 2 3





Bunny_Robberさん

雑食です。

このまとめに参加する