1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

誰か買って下さい・・。ちょっと「最高級すぎる」文房具たち

この消しゴム、¥10,000-超えちゃうんですよ・・。

更新日: 2016年12月17日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
138 お気に入り 125295 view
お気に入り追加

▼ ちょっと高級すぎる文房具たちをまとめてみました。

◇ 日本刀のように美しいハサミ

刀の産地で有名な岐阜県の関市で丹念に製造した逸品。本体は刃とグリップが一体構造になったステンレス製で全体にヘアライン仕上げを施しています。

ハンドル部の形状でCDTのシンボルマークをモチーフにしたスピード感溢れるデザインと日本のテクノロジーを駆使した品質の高さが見事に融合したアイテム。

見た目からは想像できないほど持ちやすく、利き手を選ばずどちらの手でも使用することができるユニバーサルデザインになっています。

◇ 馬具作りの技を応用したペンケース

パイロットとソメスサドルのコラボレーションにより誕生した、レザーコレクション「パイロット×ソメス」。馬具づくりに求められる機能性と耐久性を兼ね備えた高品質革小物シリーズです。

ソメスサドル株式会社は昭和39年(1964年)創業の日本で唯一の馬具メーカー。宮内庁の馬具をはじめ、世界で活躍するトップジョッキーの鞄を手がけるなど、馬のプロフェッショナルを納得させる妥協を許さぬ製品作りは高い評価を得ています。

◇ 10,000円を超える最高級消しゴム

美しいラウンドがエレガントそのもの、プラチナコーティングが施された艶やかラウンドグリップ、無駄のない洗練されたフォルムを見ているだけで、思わずため息が出ちゃう。

GRAF VON FABER-CASTELLの消しゴムが1万5千円くらいするらしい

◇ スタイリッシュなビーバー型鉛筆削り

ビーバー君のかたちをしているらしいですが、もはや超越した存在感。口にぐりぐりして鉛筆を削る機能を持っていますが、もっぱらオブジェでOKかと。

口の中に鉛筆を入れて、手動で回すと容易に削ることができます。ドイツ有数の文具メーカー、日本でも高級鉛筆や筆記具のメーカーとして知られるステッドラー社によるもので、実用的で使いやすいです。

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう