1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

a.t22さん

○年越し蕎麦とは?

A.「今年一年の災厄を断ち切る」ための江戸時代から続く文化

江戸時代には定着した日本の風習であり、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる蕎麦である。2012年現在、大晦日に年越しそばを食べる人は57.6パーセントにのぼり、文化として深く定着していることが窺える。

それ以外にも、たくさんの意味があるようで...

・そばという植物は強く育つため、健康を願って。
・金細工職人が、作業場に散った金粉を蕎麦粉の団子で集めたことにちなみ、金運を願って。
・細く長く、長寿や繁栄を祈って。etc...

年越しそばの食べ方に制限はありませんが、年が明ける前に食べてしまわないと縁起が悪いと言われています。

○...そんなこんなはおいといて、東京の名店TOP10にいきましょう!

1、やぶ久/日本橋

明治35年創業の老舗店!
時代を超えて愛されてきたお蕎麦は、国産最上級そば粉を添加物を一切使用せず、足踏み製法で打ち上げたもの。厚削りの本枯鰹をじっくり煮出した濃い目の汁と、絶妙にマッチしています。

2、老舗屋/東京

厳選そば粉を使用したそばは、当日店内にて打っている限定品。
130台の石臼をゆっくりと回転させ、風味を損なわぬよう製粉しているので、そば粉の香りが豊かです。もちろん、そば汁も自家製なのでぜひ食べてみてください。

3、かんだやぶそば/神田

「かんだやぶそば」は、明治13年(1880年)創業の老舗そば屋。
2013年2月の火事で、都の歴史的建造物に選定されていた建物は全焼してしまいましたが、2014年10月に再オープンしました。

4、手打ち蕎麦 じゆうさん/江古田

四季により微妙に異なる味わいが特徴で、何度でも訪れたくなります。

5、高はし/荻窪

荻窪駅から少し離れた所にある「高橋」は、手打ち蕎麦と割烹料理が楽しめる隠れ家的なお店です。
十割の極細そばは見た目も味も上品。
繊細な香りとしっかりとした食感、滑らかな喉越しが絶妙です。
汁の完成度も高く、極細のそばが殺されることはありません。

6、永坂更科 布屋太兵衛/麻布十番

「永坂更科 布屋太兵衛」は、1789年創業の老舗店。
そばの実を石臼で丁寧にひいた自家製のそば粉は、風味豊かでまろやか。
つけ汁との相性も抜群でペロリと食べてしまいます。

7、そばきり すゞ木/保谷

1 2