1. まとめトップ

タモリが選んだジャズ名盤アルバム・トップ20

ジャズにも造詣が深いタモリが選んだ名盤トップ20を紹介します。天才のセンスが光るラインナップです。ビル・エヴァンス、ライオネル・ハンプトン、ハービー・ハンコックなど正統派、日本人は山下洋輔、日野皓正、渡辺貞夫がランクインです。マイルス・デイヴィスに緊張する貴重な笑える動画も見ましょう。

更新日: 2018年11月27日

26 お気に入り 205066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

merit_1さん

天才・タモリ

タモリはマニアックな密室芸で人気が出て、お茶の間の親しみやすい司会者として長年活躍しています。

芸の引き出しの多さ、広い交友、時々出てくる知的な顔など、他に誰もまねできない唯一無二のタレントです。

音楽番組の司会でもおなじみですが、音楽の興味や理解もとても深いのです。

早稲田大学在学中はモダンジャズ研究会にいて演奏や司会をしていたことは有名ですね。
「笑っていいとも!」で生演奏をしたこともあります。

ここではタモリが選んだジャズの名盤を紹介します。

この本のために、タモリは自分でトップ20を選びました。
名盤の選び方にセンスが光ります。

20位から順番に見てみましょう。

20位~11位

まず20位です。

日本人の名手が登場です。

ちなみにランキングに日本人はあと2人出てきますよ。

18位です。
2枚がまとめてあるので合わせて紹介します。

「僕は『山下洋輔トリオ』の一員で参加していて、終わってからホテルの部屋でどんちゃん騒ぎ。そしたらドアが半分だけ開いていたものだから、タモリが目ざとく入ってきたんだよ」

出典『アサヒ芸能』2013年11月28日号

中村誠一による、山下洋輔とタモリがつながる歴史的場面の証言です。
これが始まりでタモリの才能が知られることになって、お笑いビッグ3の道へつながったのです。

本の中では『Relaxin'』と呼ばれていましたが、正しいアルバム名は『Relaxin' With』です。

1 2 3