1. まとめトップ

中国軍に米無人潜水機奪われる事件が発生…南シナ海に緊張が走っている

米国防総省のジェフ・デービス報道官は16日、南シナ海で米海軍の無人潜水機が、中国海軍の潜水艦救難艦に奪われたと明らかにした。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年12月17日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2807 view
お気に入り追加

○南シナ海で中国軍に無人潜水機奪われる事件が発生

米国防総省のジェフ・デービス報道官は16日、南シナ海で米海軍の無人潜水機が、中国海軍の潜水艦救難艦に奪われたと明らかにした。

南シナ海で海洋調査をしていた海軍の無人潜水機が中国海軍に奪われたことを明らかにしました。

アメリカ側は国際法に反する行為だとして中国側に抗議しました。

○事件は公海上で発生した

事件があったのは15日、フィリピン北部ルソン島にあるスービック湾の北西約93キロの海域。

奪取されたのは、同水域で水温や塩分濃度、透明度の情報を定期的に収集していた「ネーバル・グライダー」と呼ばれる無人潜水機2機のうちの1つ。

○無人潜水機1機が中国に奪われた

米海軍の海洋調査船「USNSバウディッチ」が潜水機2機を回収するため停止していたところ、バウディッチを追尾していた中国海軍の艦船が小型艇を投入。

この小型艇の中国人乗員が2機のうち1機を奪っていったという。

中国海軍の艦船は米海軍の調査船に数日間にわたりつきまとっており、調査船が無人機を回収しようとした際、先回りして無人機を引き揚げ、去っていったという。

○アメリカ側は無線で返却を呼び掛けるも、中国側は無視

当時、中国海軍の艦船は、アメリカ海軍の船から約470メートル以内と非常に近い距離にいました。

回収に取りかかるため潜水機に500メートルの距離まで近づいた段階で、中国軍の艦艇に割り込まれたということです。

アメリカ側は無線で返却を呼び掛けましたが、中国側は無視したということです。

○中国は南シナ海の一方的な軍事拠点化を進めている

・報道部 米海軍の無人潜水艇が中国海軍にパクられる。 レームダック化したオバマ政権がなめられているのか、中央の統制が機能せず軍が暴走しているのか…

南シナ海の領有権を主張する中国は、人工島の造成など一方的な軍事拠点化を進めており、米国や日本は批判している。

トランプ次期大統領は台湾総統との電話会談や「一つの中国」政策への疑義表明によって中国政府の反発を招いている。

中国はこの件について公的に不満を示し、ホワイトハウスに連絡を取っていた。

○米国防総省は「直ちに」返還するよう要求

デービス報道官は、過去にこのような出来事が発生したことは記憶にないと説明。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。