1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

Twitterで見かけた、斜め上すぎて大人も震える『絵本』たち

想像のはるか斜め上を行く世界観をご確認下さい。。

更新日: 2017年01月08日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
400 お気に入り 201259 view
お気に入り追加

◆その絵本…シュールすぎて、絵図が頭から離れない。。

『トマトさん』

トマトさん、という絵本の絵がシュールすぎる₍₍◞(˙꒳˙)◟₎₎ pic.twitter.com/RfD5TrkqX9

トマトさん、きめぇ……絵本らしいんだけどさ、こんなんトラウマ製造機でしかねーよ。アタック・オブ・ザ・キラー・トマト見せた方が遥かにマシ。 pic.twitter.com/08BURr8gzB

ある暑い夏の日、真っ赤に熟れたトマトさんが、地面に、どったと落ちてしまいます。トマトさんは小川に泳ぎに行きたくなりました。でも、体が重たいので転がることができません。悲しくなったトマトさんは涙をぽろりと落とします。

初版発行: 2006年7月
著者: 田中清代

本屋さんで横を通り抜けただけなのに『トマトさん』に心を撃ち抜かれたw 絵本のトマトさんは声や水の音が聞こえそうな逸品。 ご縁があって我が家に来たトマトさん。 超可愛いの! pic.twitter.com/Er8FXExCjb

それ…欲しい。。

『きょうはマラカスのひ』

そして今日、数年前に一目見て以来死ぬほど気になっていた絵本を遂におそるおそる入手しました …………ああ………… えっ………………… なんだこれ………… どうしよう………… pic.twitter.com/6EtuFarcLi

クネクネさんはマラカスが大好き。今日はおともだちのパーマさんとフワフワさんをよんでマラカスの発表会です。むずかしいリズムを毎日一生懸命練習して、この日をとても楽しみにしていたのですが…。

初版発行: 2013年4月15日
著者: 樋勝朋巳
2014年度にほん絵本大賞、大賞作品。

絵本読んだ!なんかシュールで不思議な感じだけど、あったかい気持ちになりました٩( ‘ω’ )و pic.twitter.com/UHwIbj9s6O

◆その絵本…"タイトル"からしてカオスな予感…

『自殺うさぎの本』

イギリスの漫画家アンディ・ライリーによる作品。 さまざまな方法で「自殺」しようとしているウサギをコミカルに描いている。

初版発行: 2003年10月27日
著者: アンディー・ライリー
続編として『またまた自殺うさぎの本』、『たぶん最期の自殺うさぎの本』がある。

自殺うさぎの本、(たぶん)絵本なんだけどこんな調子でずっと続いててさいこーと言うしかない pic.twitter.com/KQXJPn8OvA

『しんでくれた』

谷川俊太郎の「しんでくれた」って絵本が狂気じみてて怖かった 対象年齢が3歳〜なのも意味がわからない…… pic.twitter.com/uk6wYrJd0t

このドキッとするタイトルの絵本は、谷川俊太郎さんの詩から生まれた作品。
うし しんでくれた ぼくのために
そいではんばーぐになった
ありがとう うし

初版発行: 2014年4月30日
著者: 谷川俊太郎、 塚本やすし

この「しんでくれた」っていう絵本、なんとも言えない怖さがある pic.twitter.com/rm2wxnOzxF

「しんでくれた」って この絵本シュールだなw 遠目から見て「た」がちょうど見えなくてどういう絵本だよって思ったけどやっぱり内容もちょっとシュールだった(°°) pic.twitter.com/t8nacBrtwE

『ガンバレ‼︎まけるな‼︎ナメクジくん』

今日見つけた絵本めっちゃ衝撃的。 ナメクジが塩かけられて苦痛に身悶えてる表紙なのに、「ガンバレ‼︎まけるな‼︎」っていうタイトルに狂気を感じる。 内容チラッと見たけど、カタツムリに比べてナメクジは…きしょって感じの内容でした。やばい pic.twitter.com/UMPEUWU92k

よく似ているナメクジとカタツムリ。それなのに、カラのないナメクジは気持ち悪いと塩をかけられ、カラのあるカタツムリはみんなの人気者。でも、ナメクジって、実は「冒険野郎」なのです…。

初版発行: 2004年11月
著者: 三輪一雄

◆その絵本…"世界観"が意味不明すぎて心が震える。。

『もけら もけら』

ヤバい…全く意味がわからない…orz 何なんでしょうか…誰か教えてください(´ д`) 意味がわからない人はRT m(_ _)m 作:山下 洋輔 さん 絵:元永 定正 さん もけらもけら pic.twitter.com/pGI7losvwg

天才ジャズ・ピアニストとモダンアートの鬼才のコンビによる絵本。言葉はリズムとなって、つぎつぎに展開する絵の世界を行進します。

初版発行: 1990年
著者: 山下洋輔
挿絵: 元永定正

にわとり文庫さんで買った絵本。元永定正さんの絵も、山下洋輔さんの文と言うかリズム使いもどちらも意味不明さが良い。子どもも私も読んでて楽しい。 pic.twitter.com/Vq0qjA1Dad

『カニ ツンツン』

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。