1. まとめトップ
  2. カラダ

ノロなどウイルス性胃腸炎が警報レベル!家庭でできる二次感染予防法

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎が、全国的に猛威をふるっており、国立感染症研究所が発表したデータによると、10都県ですでに警報レベルとなっています。受験シーズンを前に注意が必要です。家庭内での二次感染の防ぎ方をまとめました。

更新日: 2017年01月26日

moumou086さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 79423 view
お気に入り追加

□ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎が警報レベルに

「感染性胃腸炎」は、ウイルス性胃腸炎の総称。 私たちがよく耳にするウイルスは、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス等。

過去10年で患者が多かった2006年と12年に次ぐ水準。宮城県など10都県で流行警報の基準となる20人を超え、猛威を振るっている。

今季は乳幼児が免疫を持つ可能性の低い、数年前にはやった型のノロウイルスの検出が多数報告されており、注意が必要

10都県ですでに警報レベルにあり、受験シーズンを前に注意が必要

すっごいお腹痛くて同じクラスで2人ウイルス性胃腸炎いるんですけど部活休んでもいいですかね。。ほんとにつらい。

□ウイルス性胃腸炎の症状や原因は?

咳や鼻水といったいわゆる風邪症状がなく、下痢や嘔吐などがある場合は、胃腸風邪=ウイルス性胃腸炎の可能性がとても高い

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、人から人へ感染する場合と、汚染した食品を介して起こる食中毒がある。

□すでに各地で被害が続出…

宮城県は16日、黒川郡内の小学校で児童ら236人がノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎に集団感染したと発表した。

千葉県の市川市教委は15日、市立国府台小学校(石塚浩校長、児童637人)で児童と教職員の計134人が嘔吐(おうと)や下痢などの胃腸炎症状を訴えて集団欠席したと発表

□ウイルス性胃腸炎は二次感染に注意!

感染性胃腸炎に感染してしまうと、嘔吐や下痢で身体も衰弱してしまいます。そして、感染から二次感染、集団感染と恐ろしいほどの速さで広がっていきます。

気をつけていただきたいのか、家庭内での二次感染です。風邪と同じような方法では全く予防にはなりません。

こどものウイルス性胃腸炎明らかにもらいました。つらい。

娘のウイルス性胃腸炎が旦那へ、そして私に来て家族全員全滅…最初にかかった娘が一番軽くてよかったけど最後の私は38.8まで熱が上がって大変やった 高熱出たのなんて結婚してから初めてちゃうかしら…まだ吐き気は残ってるけどスマホ触れる余裕出てきて一安心

ウッ、今度は妹がウイルス性胃腸炎だ……。そしてお医者様から「家族全員やると思うよ」とのお言葉をいただいてしまった……私が持って帰ってきたばかりに……本当にすまない……

□家庭内感染を防ぐためにすべきことって?

目に見え無いため、どこまで行えばいいのか困る事かもしれませんが、やりすぎかなと思われるくらい、十分に感染予防を行いましょう。

1 2





moumou086さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう