1. まとめトップ
14 お気に入り 85777 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

たぼりーさん

そもそも宇多田ヒカルとは?

宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年1月19日 – )は、日本の女性シンガーソングライターです。本名、宇多田 光(うただ ひかる)です。愛称はヒッキー(Hikki)と呼ばれることもあります。ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされますが、自身は生粋の日本人と公言しています。1998年から2002年にかけて、従来よりポピュラーに洗練させたR&Bのテイストを持つ音楽を発表し、日本のR&Bブームの発生に対して大きく寄与しました。日本の音楽史上最多の売り上げを記録した『First Love』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占しており、日本の音楽史上最も人気ある女性歌手と言われます。

宇多田ヒカルの名曲ランキング!

それでは宇多田ヒカルの名曲ランキングです!数ある宇多田ヒカルの名曲の中から、ファンが本気で選んだ10曲の人気曲は誰が聴いても魅力的に聴こえるはず!誰もが知る名曲からファンが支持する圧倒的おすすめ曲まで、見所満天の大ボリュームのランキングなので最後まで楽しんでください!

BEST10

Wait & See ~リスク~ / 宇多田ヒカル

2000年4月19日にリリースされた、宇多田ヒカルの5枚目のシングル。プロデュースにジャム&ルイスを起用し、話題となりました。発売初日までの出荷枚数は102万枚、さらに初日だけで発売元の東芝EMIに寄せられた追加注文が約30万枚に達した大ヒット作です。アルバム『Distance』、ベスト・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』に収録されています。PVでは渋谷ロケの路上を、マシンを操って駆け巡る宇多田ヒカルがCG合成されたものとなっています。

BEST9

Prisoner Of Love / 宇多田ヒカル

宇多田ヒカルの21作目のシングルで、5thアルバム『HEART STATION』からのシングルカット、2008年5月21日に発売されました。2002年の「SAKURAドロップス」以来6年振りとなるテレビドラマ主題歌として起用されました。フジテレビ系木曜劇場『ラスト・フレンズ』の主題歌となっています。ドラマにあわせ、ヴァージョン違いとなる「Prisoner Of Love -Quiet Version-」も製作されました(こちらは同ドラマの挿入歌となった)。ミュージック・ビデオは楽曲の制作風景を再現したものとなっています。これは宇多田本人の発案によるもので、ビデオに登場する各種機材のほか、歌詞のネタ帳、作業テーブル、ソファーなど殆ど全ての物は私物で構成されていて、楽曲の制作過程における時間軸も忠実に再現されています。

BEST8

COLORS / 宇多田ヒカル

2003年1月29日にリリースされた、宇多田ヒカルの12枚目のシングル。トヨタ・ウィッシュのCMで使用され、2003年3月12日にPVとメイキングを収録したDVDシングルを発売しました。このシングルを最後に約1年間の充電期間に入ることになります。宇多田自身がこの曲において気に入っている箇所は、イントロ・間奏・アウトロの3つだということです。

BEST7

SAKURAドロップス / 宇多田ヒカル

2002年5月9日にリリースされた、宇多田ヒカルの11thシングル。曲名の「SAKURAドロップス」は散った桜の花の意であるが、サクマドロップスともかけてある。当時、日本テレビ系で放送されていた「速報!歌の大辞テン」での発表によれば、このシングルが発売されてからしばらくサクマドロップスの売り上げが上がったということです。TBS系テレビドラマ「First Love」主題歌です。

BEST6

Can You Keep A Secret? / 宇多田ヒカル



宇多田ヒカルの7枚目のシングル。2001年2月16日に東芝EMIからリリースされました。2ndアルバム「Distance」からの先行シングルで、SMAPの木村拓哉主演のドラマ「HERO」の主題歌。インストバージョンがドラマのサウンドトラックに収録されています。また、宇多田は「HERO」第8話にレストランのウェイトレス役でゲスト出演しています。通学途中に車でセントラルパークを通っている際に浮かんだ曲ということです。

BEST5

Beautiful World / 宇多田ヒカル

2007年8月29日にリリースされた、宇多田ヒカルの19枚目のシングル。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のアニメーションで、「Kiss & Cry」も同じようにタイアップの『FREEDOM』のアニメーションで、それぞれ構成されています。本人がPVに出演していないのはこれが初となります。制作においては、メロディやアレンジなどで言いたいことは言い切ってしまったため、歌詞は邪魔にならない程度の控えめなものにしたが、今まで使ったことの無かった「Beautiful」という言葉を最初から使おうと思っていたとオフィシャルインタビューにおいて述べています。

BEST4

1 2