1. まとめトップ

ニキビと吹き出物ってそんなに違う?20歳過ぎてニキビって言ったらダメ?!

「ハタチを過ぎたら吹き出物でしょ!」と言い直してくる方。よくいますよね。なぜニキビをニキビと言ってはいけないの?ニキビは思春期限定なの?大人になったら吹き出物ってなんか汚いイメージの言葉を使わなきゃいけないの?今回は、ニキビと吹き出物の違いや、簡単なケア方法などをご紹介いたします。

更新日: 2018年06月29日

0 お気に入り 1041 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ミスジさん

肌が汚いから出来る。という考えは今では古い考えとして使われるようになっていますが。
大まかに言えば間違いではありません。

肌に皮脂や角質が貯まる事で出来るモノもあるからです。

ニキビはなんで出来るの?

10代のニキビは皮脂の分泌が多い成長期に出やすく、おでこや鼻などのTゾーンと呼ばれる部分に出来やすいです。

皮脂が毛穴を埋めてしまいできてしまいます。

では皮脂を除去すればできないのかと言うと、それも違います。

あぶらとり紙などで皮脂を取りすぎてしまうと、必要な皮脂までなくなってしまい乾燥することで、ニキビができやすくなってしまったり、肌が傷つき安くなってしまうのでバランスが難しい時期です。

吹き出物はなんで出来るの?

20歳以降に出来る吹き出物も、皮脂が原因となる事が多いのでニキビと対して違いはないのですが、顎や頬などのUゾーンに出来やすいです。

20歳をすぎると皮脂の分泌は抑えられるので、思春期の気になるニキビほど発生率は多くありません。

ですが、肌のトラブルとして【乾燥肌・敏感肌・脂性肌】などに別れるので対処方法も変わってしまいます。

他にも女性ホルモンが大きく影響することもあり、大人ニキビは対処が難しくなっているのも違いの一つです。

じゃあどうすればいいの?

ニキビは皮脂や古くなった角質が原因になる事が多いので、普段から肌に潤いを与え肌荒れのしにくい肌を作る事から始めましょう。

潤いはとても大事です。
20歳を超えると潤いが失われやすくなるので、美容液を使用しサポートしてあげましょう。

スッキリする。
洗った感がある。
との理由で、ゴシゴシと擦る方が多いですがあまりオススメできません。

出来るだけキメの細かい泡を作り、泡で洗うイメージで指が肌に当たるか当たらないか程度にしましょう。
決めの細かな泡が毛穴から汚れを吸い出してくれるのでゴシゴシと強く洗わなくても、しっかり清潔な状態にしてくれます。

水ではなくぬるま湯で洗い流すのは、表情と毛穴の問題があるからです。

水で洗い流すのは、夏には気持ちが良いですが毛穴がキュッとしまってしまい、泡や皮脂を閉じ込める可能性が高いです。

お湯では毛穴は広がりますが、顔の皮膚はとても敏感で弱いので刺激が強すぎてしまうことがあります。

冷たい!熱い!と手では思わなくても顔では感じ安いので、眉間や目尻にシワがよりやすく、そこにも泡などが残る原因にもなってしまいます。

タオルはどんなに柔らかくてもこすったら細かい傷が出来やすいので、抑えるようにして、顔についた水分を拭き取ってあげましょう。

顔を拭くタオルは毎回綺麗なタオルと交換しましょう。

普段はティッシュで抑える程度にしておきましょう。

あぶらとり紙はこんなにあぶらが取れた!と気持ちはいいですが、皮膚からしたら大変な事です。

必要な皮脂まで取らないようにティッシュをオススメします。

こすってしまうと細かい傷が肌にできてしまうので、抑えるようにします。

外からの原因はわかったけど、中からは?

女性の体は1週間毎に変化します。
体調・気分・肌の調子・髪の潤いなど全体で変化します。

それは女性ホルモンが揺らぐ事で起きる症状です。

生理前の1週間は、腹痛や頭痛などの痛みから気持ちが落ち込み、肌が荒れ始めます。

生理中の1週間は、腹痛や頭痛にめまいなどが悪化し、鉄分不足や貧血から、ストレスが溜まりやすくイライラする状態が続きます。

生理後1週間は、絶好調で肌も強くなりダイエットなどにも最適な期間になります。

そして残りの1週間ほどは、自分らしくいられる期間になります。

女性は気まぐれと言われてしまう理由もわかりますね。

ニキビが出来てしまったらどうしたらすぐ治る?

毎日している方や、特別な日の前日にする方、気が向いた時などに使用する方が多いですが、一番効果を得られるのは入浴中です。

お風呂上がりでも毛穴は開いていますが、入浴中よりは閉じています。

入浴しながらパックをすると、しっかりと開ききった毛穴にも浸透するのでオススメです。

シャワーが多くお湯に浸かる事が少ない方は、蒸しタオルなどで顔を温めてからパックするようにしましょう。

パックが無い場合は、化粧水を浸したガーゼやティッシュを、気になる箇所に乗せて置くだけでも効果的です。

全体ではなく、吹き出物がある場所だけでも大丈夫なので小さく切ったティッシュでも十分効果を得られます。

いじってしまって傷になっているときなどは、悪化の原因にもなるので乾かして傷を直す事を優先させましょう。

傷があるけど治したい時は傷口(吹き出物)に当たらないように周りをパックし、周りから潤いを与えるようにしましょう。

結果ニキビと吹き出物って違うの?

一緒です。
成長期に出やすいものがニキビ。
大人の事情で出やすいのが吹き出物。
と分けているだけで、呼び方はどちらも一緒なので大人がニキビと言っても、学生が吹き出物と言っても問題ありません!

まとめ

ご覧いただきありがとうございます。いかがでしたか?今回はいろいろな原因からなるニキビをご紹介いたしましたが、他にも原因はいくつかありますが、今回はメインとなる原因や簡単にできるケア方法をご紹介いたしました。顔は簡単に隠せる場所ではないので、普段のケアで抑えてあげましょう。

1