二条城の門前に晒された際に、折敷に盛った強飯と赤鰯を足軽からあてがわれ、「戦に負けて捕らわれることは恥としないが、かくも卑陋な物を食わせるとは無礼な奴。早く首を刎ねよ」と怒った。これを聞いた井伊直孝は盛親を座敷に上げて、大名料理で供応した。盛親はこの心遣いに感激したという。

出典長宗我部盛親 : définition de 長宗我部盛親 et synonymes de 長宗我部盛親 (japonais)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「真田丸」で描かれなかった大阪夏の陣終了後・・・あの人は?

真田丸では描かれなかった武将のラストをまとめてみました。

このまとめを見る