茶々は、秀頼が天下の主と生まれたのに、政治的な
安堵のときもなく、自害させることが悲しいと嘆いた
とのこと。

秀頼は目覚めたあと、淀殿に念仏を唱えさせ、その
只中に淀殿を家来に斬らせ、そののち切腹したとのこと。

出典【真田丸】長い旅の終わり(最終回) - NAVER まとめ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「真田丸」で描かれなかった大阪夏の陣終了後・・・あの人は?

真田丸では描かれなかった武将のラストをまとめてみました。

このまとめを見る