1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

泥沼化が深刻…トランプ氏と中国との関係悪化が心配すぎる

トランプ次期米大統領と中国との関係悪化が深刻になっています。そろそろ折り合いを付けないとヤバい気がするんですが…。

更新日: 2016年12月19日

37 お気に入り 124572 view
お気に入り追加

■中国が米海軍の「無人潜水艦を奪取」という妙なニュースが入ってきた

無線で返還を求めたが、潜水艦救難艦は応答せず要求を無視した。デービス報道官は中国の行動を「国際法違反」と批判した。

探査機が奪取されたことを受けて、トランプ氏は17日にTwitter上で「中国はアメリカ海軍の探査機を公海で盗んだ。前代未聞の行為だ」と批判していた

中国国防省は17日、「適切な方法を通じて潜水機を引き渡す」と発表したが、米軍の動きを偵察行為と見なして批判した。

その一方で、「アメリカは長年にわたって中国の沿岸海域で偵察活動をしている。中国はこれに断固反対し、中止を求める」とけん制した。

「盗んだ探査機は返してもらわなくて結構だと中国側に言うべきだ。そのまま持たせておけ!」と投稿した。

かなり険悪な仲になってしまっています

■発端はトランプ氏と「台湾総統」の電話会談

異例の電話会談を行ったとされるアメリカのトランプ次期大統領と台湾の蔡英文総統

将来の施政重点について、特に国内経済の発展促進と国防強化によって国民によりよい暮らしと安全保障をもたらすことへの見方と理念を分かち合った

「『一つの中国』政策については十分に理解しているが、中国と貿易などについて合意でもしない限り、なぜ堅持する必要があるのかわからない」と述べていた

1979年以来、米国は台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」政策を維持してきたが、トランプ氏が今月2日に台湾の蔡英文総統と電話会談したことで、中国政府から抗議を受けていた

中国は台湾を中国の一部であるとしており、主権を認めていません。

あくまで「台湾は中国の一部」と主張する中国政府は激怒、米国サイドに猛抗議した

「一つの中国」の原則が「損なわれる、または中断される場合、安定した揺るぎない米中関係の発展や主要分野での二国間の協力は不可能になる」と述べた

トランプ次期大統領が台湾を中国の一部とみなす「1つの中国」の原則にこだわらない考えを示したことについて、慎重な対応を求めた。

「中国にとり、台湾問題は非常に重要となっている」と指摘。「中国にとり『一つの中国』政策は中心的な概念となっており、これを覆すには熟考が必要となる」と述べた。

■トランプ氏は畳み掛けるように「南シナ海」問題を口撃

南シナ海のど真ん中に巨大軍事施設を建設することに関して、われわれに了承を求めただろうか? そうは思わない」と書き込んだ。

中国の通商政策に関しても、「米企業の競争を困難にする通貨の切り下げや、中国向けの米国製品に重い課税をしていいかと尋ねたか」と書き込んだ。

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします