1. まとめトップ

日本の魅力!!こんなにお金がもらえる子育て支援制度まとめ

日本の魅力を伝えたくて、子育てに関するまとめを書きました。

更新日: 2016年12月20日

4 お気に入り 4739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新・高校授業料無償化 支給条件について

「高等学校等就学支援金制度」は教育の機会均等を目的に、2010年4月よりスタートした制度です。

授業料に充てる支援金を支給することで、国公私立問わず、高等学校等の教育費の負担の軽減を図り、それによって教育の機会均等を実現するために作られました。

制度対象者

・国公立の高等学校(全日制、定時制、通信制)
・私立の高等学校(全日制、定時制、通信制)
・中等教育学校後期課程
・特別支援学校高等部
・高等専門学校(1~3年)
・専修学校高等課程
・専修学校一般課程や各種学校のうち国家資格者養成課程に指定されている学校
・各種学校のうち一定の要件を満たす外国人学校

高校までにかかる金額目安

文部科学省は12月24日、「平成26年度子供の学習費調査」の結果概要を公表した。幼稚園3歳から高等学校3年生まで、15年間私立に通った場合は約1,770万円、すべて公立に通った場合は約523万円かかることがわかった。

子供を産むと0歳〜15歳の中学までは子育て支援のお金がもらえる。

所得によるがつまり、平均的に月額1万と仮定して、12万×15年=180万

523万−180万=343万

あとは、衣食くらいなもんで実はそんなにかからない。

市によって異なるが、高校3年まで医療費もほとんどタダに近い

住民登録のある0歳から高校3年生
0歳から小学6年生は入院と通院、中学1年生から高校3年生は入院のみ助成します。
(子どもが3人以上いる世帯は通院・入院とも高校3年生まで助成します。)
一部負担金

入院:1日1,200円
通院:1日530円(医療機関ごと月4回まで必要)

健康保険に関しては収入が多い方に入れたほうが育休手当は得◎

共働き夫婦の健康保険上の扶養の取り扱いに関しては、「夫婦共同扶養の場合における被扶養者の認定について」(昭和60年6月13日付け/保険発第66号・庁保険発第22号通達)という国からの通達が出ています。
健康保険組合等は、この通達に基づいて被扶養者をどちらの側に入れるかを認定することになっています。

原則:
被扶養者とすべき人の人数に関係なく、年間収入の多いほうの被扶養者とする。
年間収入とは、届け出が出された日の前年分の年間収入とする。
夫婦の年間収入が同じ程度であるときは、届け出により、主として生計を維持する者(どちら側の収入が家計のメインを占めているか、ということ[住宅ローンなどの各種経費の占める割合などで勘案する])の被扶養者とする。

日本に生まれる多く子供が幸せになってくれるように願います。

1