1. まとめトップ

【保存版】ルパン三世の原作漫画をまとめてみた【モンキー・パンチ】

ルパンの原作マンガを読んだことがない人は多いのではないのでしょうか?こちらでは、原作ルパンに興味を持った方に向けて、ルパン漫画をまとめてみました。これから読む人の手助けになったら嬉しいです。

更新日: 2018年03月22日

16 お気に入り 245291 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mjaptyさん

モンキー・パンチのルパン三世シリーズ 絵の変遷

原作ルパンって実はあまり読んだことなくて、モンキーパンチ先生の絵はオシャレなんだけど文庫版だと小さくてごちゃごちゃして読みにくくてあまり読んでない でもやっぱ話は最高にかっこいいから久しぶりにチャレンジしたい

そんな時は電子書籍で読んでみたらどうでしょう(´◡`♥)

そのうち原作ルパンあつめたいな。結構オシャレな絵柄だったような。

そうですそうです!

原作ルパン色んな話があるんだな。読んでみたい

ぜひぜひ٩(๑>◡<๑)۶

原作【モンキー・パンチ作品】

①原作漫画(旧)

文庫化でさらに幅広いファンを獲得したモンキー・パンチの代表作。漫画をコミックに変えた、日本の漫画史上に残る傑作です。

1967年『漫画アクション』8月10日号(創刊号)から1969年5月22日号まで連載。全94話。

最後の最後まで読者の裏をかくストーリー展開。両者があいまって本作独自の作風を醸成している。

原作はアニメ(特に第1シリーズ後半以降)とは全く趣が異なっており、ハードボイルド色の強い描写や性的な描写が頻繁に描かれる一方、アニメ作品に見られるジョークやギャグは少ない。

旧原作ルパン三世のかっこよさはやばいぞ 帝王感ある

分かります。

モンキーパンチ先生の原作ルパンは敵とか容赦なく殺しちゃうし、性行為もやりまくってアニメとのギャップが大きいけど絵とか雰囲気がオシャレで大好き。

旧原作ルパン三世のおちんちんが♂になる描写すき

私も好きです(笑)

連載時と収録の順番がやや異なっている(そのため、43話で仲間になったはずの五右ェ門が、47話で再び対立している)。

パイロットフィルムでお馴染みのルパン三世の爆笑シーンは、モンキー・パンチさんの原作にももちろん登場する。

ルパン三世「ウハニ」
ルパン三世「トリプル・プレイ」
新ルパン三世「フリスコ無宿」

モンキー・パンチさんの第1次黄金期の、芸術的で味わい深いペンタッチ。

by Monkey Punch 1968

②ルパン三世 新冒険

昭和46年(1971年)『週刊漫画アクション』8月12日号から翌年4月27日号まで連載。全36話。テレビアニメの放送に合わせて連載された作品。

単行本では原作漫画(旧)に合併され、「さらば愛しきルパン!」の次の第95話から始まっている。前作の3年後という設定。

絵や話は第一シリーズと異なり、線は太く、デフォルメは大袈裟に、ギャグタッチで描かれる。加えて1話完結ではなく、数話に渡るのが特徴。

『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』後半及び『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』に使用された。

「ルパン三世」「ルパン三世 新冒険」より。

1 2 3 4 5 6