1. まとめトップ

恩田陸さん"6度目の正直"なるか!? 第156回芥川賞・直木賞候補発表!!

第156回芥川賞・直木賞の候補作品が発表されました!! 直木賞は冲方丁さん、森見登美彦さんら人気作家が並びましたが、一番の注目は恩田陸さん! 6度目のノミネートでついに受賞なるのでしょうか…!?

更新日: 2016年12月22日

2 お気に入り 3879 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

korikori2さん

■第156回芥川賞・直木賞の候補作が発表されました!

第156回芥川賞と直木賞の候補作が発表されました!!

芥川賞の候補作に選ばれたのは、加藤秀行さんの「キャピタル」、岸政彦さんの「ビニール傘」、古川真人さんの「縫わんばならん」、宮内悠介さんの「カブールの園」、山下澄人さんの「しんせかい」の5つの作品

直木賞の候補作には、冲方丁さんの「十二人の死にたい子どもたち」、恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」、垣根涼介さんの「室町無頼」、須賀しのぶさんの「また、桜の国で」、森見登美彦さんの「夜行」の5つの作品

▼まずは芥川賞候補5作品

加藤秀行『キャピタル』

加藤秀行
1983年生まれ。千葉県出身。
東京大学経済学部卒業。タイ在住。
2015年、『サバイブ』で第120回文學界新人賞を受賞。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
・第154回(2015年下半期)芥川賞候補(『シェア』)

岸政彦『ビニール傘』

岸政彦
1967年生まれ。
関西大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。
2006年より龍谷大学社会学部教員。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
今回、初候補。

【ご報告】えー、このたび、芥川賞の候補作に選ばれました。とにかくびっくりして、混乱しております。みなさまのおかげです、ありがとうございました。

ご本人のTwitterより。

古川真人『縫わんばならん』

1988年生まれ。福岡県出身。
國學院大学文学部中退。
第48回新潮新人賞受賞。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
今回、初候補。

今回は芥川賞で候補!? 宮内悠介『カブールの園』

宮内悠介
1979年生まれ。東京都出身。
早稲田大学第一文学部英文科卒業。
2010年、『盤上の夜』で第1回創元SF短編賞の選考委員特別賞と第33回日本SF大賞を受賞。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
・第147回直木賞候補(『盤上の夜』)
・第149回直木賞候補(『ヨハネスブルグの天使たち』)

4度目のノミネート!! 山下澄人『しんせかい』

山下澄人
1966年生まれ。兵庫県出身。
神戸市立神戸商業高等学校卒業。
1996年より劇団FICTIONを主宰。
2011年より小説家としても活動。
2012年、『緑のさる』で第34回野間文芸新人賞。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
・第147回芥川賞候補(『ギッちょん』)
・第149回芥川賞候補(『砂漠ダンス』)
・第150回芥川賞候補(『コルバトントリ』)

今回の芥川賞は候補作家全員が男性!!
前回(155回)受賞したのも村田沙耶香さんだったように、近年は女流作家の活躍が目立っていたので、男性ばかりの顔ぶれは逆に新鮮かも・・・!?

▼お次は直木賞候補5作品

冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』

冲方丁(うぶかた とう)
1977年生まれ。岐阜県出身。
早稲田大学中退。
1996年、『黒い季節』で第1回スニーカー大賞金賞を受賞し作家デビュー。
代表作は『マルドゥック・スクランブル』『天地明察』など。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
・第143回直木賞候補(『天地明察』)

6度目の正直なるか!? 恩田陸『蜜蜂と遠雷』

恩田陸
1964年生まれ。宮城県出身。
早稲田大学教育学部卒業。
1991年、『六番目の小夜子』で第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補に。
代表作は『夜のピクニック』『ユージニア』『夜の底は柔らかな幻』など。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
・第133回直木賞候補(『ユージニア』)
・第134回直木賞候補(『蒲公英草紙―常野物語』)
・第140回直木賞候補(『きのうの世界』)
・第146回直木賞候補(『夢違』)
・第149回直木賞候補(『夜の底は柔らかな幻』)

垣根涼介『室町無頼』

垣根涼介
1966年生まれ。長崎県出身。
筑波大学第二学群人間学類卒業。
2000年、『午前三時のルースター』で第17回サントリーミステリー大賞(大賞および読者賞)を受賞。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
今回、初候補。

須賀しのぶ『また、桜の国で』

須賀しのぶ
1972年生まれ。埼玉県出身。
上智大学文学部史学科卒業。
1994年、『惑星童話』で第23回コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞。
2015年、『革命前夜』で第18回大藪春彦賞を受賞。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
今回、初候補。

森見登美彦『夜行』

森見登美彦
1979年生まれ。奈良県出身。
京都大学農学部卒、京都大学大学院農学研究科修士課程修了。
2003年、「太陽の塔/ピレネーの城」(刊行時『太陽の塔』に改題)で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。
代表作は『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』など。

【過去の芥川賞・直木賞候補歴】
・第137回直木賞候補(『夜は短し歩けよ乙女』)

今回の直木賞は冲方丁さん、森見登美彦さんら話題性の高い作家が勢揃い。
そんな中でも一番の注目はやっぱり恩田陸さん!「え、まだ受賞してなかったの!?」というぐらい長く第一線で活躍されている人気作家さんです。そして今回「6度目」の候補・・・リーチかかってますよ!!

1 2 3