1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

サラリーマンでも年収が倍増?「空中族」と言われる人が話題に

儲けてる人は儲けているみたい

更新日: 2016年12月25日

tonkatudjさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
63 お気に入り 73396 view
お気に入り追加

空中族とは?

空中族は、販売後も値上がりが見込める最新のタワーマンションに移り住み、短期間で売却。

「空中族」とは需要が過熱している都心のタワーマンマンションの次から次へと転売して利益を得る人々をいうようです。

俺も空中族やろうかな( ̄▽ ̄;) 稼ぎ額増やしたいしなー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

空中族は1年ぐらい前から本格的に聞くようになったけど、買う人も永住ではなく転売を目的としているんだよね。転売ヤーが増える間は値上がりするし儲かるけど、永遠ではないんだよなぁ。

空中族も東南アジアやアラブでもできるんだな。 買って出来上がったら売る。 譲渡益の税金が安いらしいね。 日本は嫉妬社会だからね。 トランプになったのでグローバル不動産投資の時代だろうな。 ネット時代はとりあえず行き着いた。 アナログへの戻りかな。

そんな不動産投資のメリットは?

将来に渡って人口の減ることのない確かな地域の確かな物件を購入すれば、不動産価格が半分になってしまうことや、賃料が半分になってしまうことは考えられません。

ワンルームマンション投資で得られる家賃収入は老後の年金代わりになります。毎月、家賃収入が入ってくるので、預金の取り崩しと違って精神的な安心感も段違いです。

あの芸人も不動産投資で儲けているそう

株式投資や不動産投資による資産運用を熱心にしていることを、たびたびテレビや雑誌のインタビューで明かしています。

投資家という面でもプロが舌を巻くほどの超財テク術を誇っており、今では不動産を含め資産は10億円以上とも言われています。

投資なのでもちろんリスクもある

不動産の場合、売却しようとしてもすぐに売却できるとは限りません。

市場の変化により、投資用不動産が将来売却できないかもしれないというリスクもあります。

投資した不動産価格が投資した時よりも下落した場合は、損失を抱えることとなります。

マンションの場合、下落する要因には、建物の美観の劣化やマンション共用部分の劣化も大きな要因の一つとなります。

これから始める人は注意が必要

1 2





tonkatudjさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう