1. まとめトップ

その頭痛大丈夫…?実は恐ろしいサインかも

頭痛には大きく分けて3種類ある!?その実態とは・・・

更新日: 2016年12月21日

orangeplanetさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 2171 view
お気に入り追加

頭痛の種類

頭痛には、すぐに受診しないと危険なものから日常的に起こるものまで、いろいろな種類があります。

とりあえず種類があるみたいですね。
大まかにご紹介します。

・風邪や二日酔いなどが原因の頭痛
・原因が解消されれば自然に治る

・原因となる他の病気がなく、繰り返し起こる頭痛
・いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、頭痛全体の約80%はこのタイプ。
・大きく「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられる

・くも膜下出血や脳出血など他の病気が原因で起こる頭痛
・急激に激しい痛みがあらわれることが多く、生命にかかわることもあるので注意が必要

頭痛のほとんどは命にはかかわらない「こわくない頭痛」ですが、一部には放っておくと命にかかわる「こわい頭痛」があります。これを区別するのはとても大事なことです。

以外にも種類のある頭痛!
今回は危険な頭痛についていくつかご紹介します。

一次性の頭痛と二次性の頭痛と分けてるところもあるみたいです。

いつもと違う頭痛に要注意

いつもと違うとはどういう頭痛?
下記参照です↓↓

・今までにない強い頭痛
・突然の激しい頭痛
・痛みが急に強くなる
・回を重ねるごとに痛みが徐々に強くなる
・発熱を伴う頭痛
・手足のしびれがある
・けいれんを伴う
・意識がもうろうとなる

このような症状が主にあげられるようです。
それでは具体的な病気でご説明します。

くも膜下出血

たいてい「後頭部に雷が落ちたような」とか「バットで殴られたような」などと表現される今までに経験したことのないような頭痛におそわれますが、出血のしかたや程度によって、頭痛の感じ方、あらわれ方は異なります。

一刻も早い処置が必要です!
すぐに助けを求めるか脳神経外科まで連絡を!

脳出血

脳出血は、脳の動脈が破れて脳の中に出血し、血液のかたまりができて脳を内側から圧迫するために頭痛を起こします。

麻痺やしびれなどの神経症状を伴い、手足がしびれてうまく動かせない、ろれつがまわらない、物が二重に見えるといった症状がみられるときは、脳出血の可能性が高いといえるでしょう。

徐々に症状が悪化するみたいですね。
こちらも早急に医師へ相談を!

感染症(髄膜炎)

後頭部が強く痛んで首すじが硬直し、吐き気や嘔吐、38~39℃の高熱を伴う場合は、くも膜や軟膜の炎症による髄膜炎が疑われます。

ウイルスの感染によるウイルス性髄膜炎は、自然に治ることが多いのでさほど心配はありませんが、細菌の感染による細菌性髄膜炎は、治療が遅れると死に至るケースもみられる

病状的には上記2種よりも軽そうですが、最悪死にいたるケースが
あるみたいなので、医師へ見せるのが一番ですね!

脳腫瘍

1 2





orangeplanetさん

さまざまな知り得た知識や、日常の事まで色々ご紹介したいと思ってます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう