1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

神ってた…2016年ドラマで『怪演』が絶賛された女優たち

話題のドラマが多かった2016年。名演技・怪演技を披露し絶賛された女優たちも多数注目を集めました。彼女たちの演技は「神ってた」と言っても過言ではないかも…。

更新日: 2016年12月21日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
71 お気に入り 169479 view
お気に入り追加

◆「僕のヤバイ妻」の木村佳乃

本作で「東京ドラマアウォード2016」の助演女優賞に選ばれた

“妻に翻弄され、もがく夫”役を伊藤英明が、“美しくも恐ろしい妻”役を木村佳乃が演じる心理サスペンス

夫の不倫をきっかけに、真理亜が次第に狂い、夫に復讐していく様は「怖すぎる」「演技力がすごすぎてヤバイ」と“木村の怪演”が話題

出演: 伊藤英明, 木村佳乃, 相武紗季, 浅香航大 ほか

狂気に満ちた笑顔で微笑む木村佳乃の演技は、美しくも恐ろしく、「怖すぎる」「狂っている感じがゾクゾクする」など、称賛の声があがっている

木村は周りの反響ぶりについて「女性が見るとスカッとするんでしょうね。浮気していた幸平をどんどん追い込んでいくから気持ち良いみたい(笑)」と分析

「現場でよく『本当は怖い人なんじゃないか?』とか言われました」と回想。さらに嬉々として「血ノリが出てくると私の目が光るらしいんです。爛々として『撮影が長くなる』と監督によく言われました」

僕のヤバイ妻の木村佳乃最高やな あんなに愛されたいわ〜 こうへいは浮気もしてんのにそれでも愛し続ける木村佳乃すごいな思った! あんだけ一途に愛されたいな思う 相武紗季ほど可愛い子なら浮気してまうw ドラマで今年1番ハマってた(笑) pic.twitter.com/UkAcCRHIKl

ヤバ妻しんど(笑) 相武紗季生きてたとこからもう頭ごちゃごちゃおもろすぎる(笑)(笑) 木村佳乃の演技まじで神。 ホラーじゃないよ pic.twitter.com/BKmrHtSHpo

一生さんのカメレオンぶりはもちろんだけど、ドリさんもさすがの貫禄 真理亜に向かって「あんたのことが大嫌いだったの」って言いながらこぼれる落ちる涙。圧巻の演技だった。 #ヤバ妻 #鯨井有希 #キムラ緑子 pic.twitter.com/Rzo9GoBzYG

◆「ゆとりですがなにか」の安藤サクラ

クドカン脚本の『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で連ドラ初ヒロインに挑むなど、ドラマでも圧倒的な存在感を見せた

出演: 岡田将生, 松坂桃李, 柳楽優弥, 安藤サクラ, 島崎遥香 ほか

監督: 宮藤官九郎

「ゆとり第1世代」の苦悩がテーマ。デキるキャリアウーマン茜役として、岡田将生、松坂桃季、柳楽優弥との軽妙なやりとりが光る

連ドラでのヒロインは初めてという安藤さんは、岡田さん演じる主人公の同僚役で、仕事はできるが恋や人生について悩んでいるという役どころ

「全俳優陣を食っている。安藤が主役にしか見えない」「演技が神がかってすごい」「泣けた、というより胸えぐられた」と視聴者からも大絶賛の嵐

ゆとりでの安藤サクラの感じが好きすぎる〜 山岸はつぼ。 あーいーあーよすぎるよ〜 pic.twitter.com/8JO7ufd0zn

ゆとりですがなにか最終回。 涙ボロボロで見終わった。。 宮藤官九郎さんの作品はいつも大好き。 そして安藤サクラしゃまに会いたすぎるです #ゆとりですがなにか pic.twitter.com/9UrLbMUrhT

安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価 netallica.yahoo.co.jp/news/20160521-… #夜寝られなくなるアプリ -> yahoo.jp/EbmhH1 神がかってます‼️ 素晴らしいです‼️

◆「毒島ゆり子のせきらら日記」の前田敦子

出演: 前田敦子, 新井浩文, 渡辺大知, 中村静香 ほか

この1年、映画やドラマ、音楽活動と多方面で活躍してきた前田。なかでも主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)では、これまでにない体当たりの演技でセクシー路線に振り切り、新たな魅力を開花させるなど、女優として高く評価された

大物政治家の番記者としてがむしゃらに働きながら、プライベートでは奔放な恋愛を満喫していた主人公が、一人の魅力的な男性と出会い、恋におち、壮絶な最後を迎えるまでを描くドロドロエンターテインメント

アイドル時代には考えられなかった「魔性の女」役の名演技。今や、日に日に評価が上がっている状況だ

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう