障害共済年金は、組合員が在職中の病気やケガによって、重度の障害者となったときに支給される年金です。 在職中又は退職後65歳までに一定の障害状態(障害等級が1~3級と認定された状態)となった者には、共済組合から「障害共済年金」が、国民年金から「障害基礎年金」が支給されます。

出典Q1 障害共済年金 長期給付 Q&A

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

意外と知られていない障害年金とは???障害年金申請や豆知識についてまとめてみた

知らないとそんすることもある障害年金。いろいろ種類がある障害年金。そんな障害年金の知られざる豆知識についてまとめてみました。

このまとめを見る