1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

海外人気が凄い…2次元の嫁と生活できる「Gatebox」とは?

ホログラムを使って2次元キャラクターとの共同生活を実現するバーチャルホームロボット「Gatebox」の予約が殺到しているようです。海外人気が凄くYoutubeの再生回数も100万回を超えているようです。「逢妻ヒカリ」さんが生活を癒してくれる…。

更新日: 2016年12月22日

53 お気に入り 35676 view
お気に入り追加

■「Gatebox」の予約販売が開始された

ホログラムの嫁と共同生活。

ウィンクルは、ホログラムを使って2次元キャラクターとの共同生活を実現するバーチャルホームロボット「Gatebox」の予約販売を発表

販売初期コンテンツとして、オリジナルキャラクターの「逢妻ヒカリ(あずまひかり)」を配信。

販売対象国以外の世界各国からも多数リクエストがきているという。

■“Gatebox”とは?

バーチャルホームロボットというジャンル。29万円で発売。

2016年1月に発表されるやいなや、国内のみならず海外からも注目を集めたバーチャルホームロボット“Gatebox”。

筐体に装備したセンサとホログラムを映し出すプロジェクション技術を組み合わせることで、ボックス内のキャラクターとコミュニケーションできるロボット

YouTube上に公開したプロモーションムービーが、主に海外を中心として広く拡散されており、日本語字幕版、英語字幕版合わせて100万再生を超えました。

■第一弾は「逢妻ヒカリ」

1人暮らしを支える癒し系キャラ。名前がすでに仮想のお嫁さん。

■Gatebox「逢妻ヒカリ」ができること

会話ができたり、PCの画面を表示したり、チャットができたり、できることは結構多い。

朝に起こしてくれたり、夜に帰宅すると優しく出迎えるといったことができる

ネットや家電との通信により、天気情報を伝えてくれたりテレビをつけることも可能。

外出先ではチャットアプリを使えば対話もできるようで、「早く帰ってこないかなー」なんて送られてきたりすることも。

■特に海外からの注目度が高い

同社代表取締役の武地実氏にユーザーからのリアクションを聞いたところ、やはり海外からの反響が大きいという。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew