1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ムズっっ…斜め上すぎた「IT企業の採用試験」

うん…さっぱり、わからん。

更新日: 2016年12月22日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 120843 view
お気に入り追加

冷や汗が流れそうな「アップル」の採用試験…

「あなたは2つの卵を持って、ビルにいます。どうすれば、卵を落としても割れない最も高い階数を知ることができるでしょうか?」

「100階建てのビルで、ある高さ以上で壊れてしまう電球を20個渡された場合、どのようにして電球が壊れる高さを特定しますか?」

「あなたがピザの配達人だとした場合、ハサミをどのように活用しますか?」

「Google」も、難問・奇問が出ると有名

「シアトルのすべての窓ガラスを洗浄するとして、あなたはいくら請求しますか?」

「検索トラフィックの季節変動を予測できる方法について述べた俳句を書きなさい」

俳句ww

「マイクロソフト」でも、難しすぎる難問の数々

日本のIT企業とかも、やってるらしい

「ロングヘアが流行る」から「牛丼が98円になる」にたどり着くまでに必要な、その間に起こった4つの事柄を教えてください

細かく説明するとYahooの入社試験の問題らしいんだけど「風が吹けば桶屋が儲かる」の理論で「ロングヘアが流行ると牛丼が98円になる」を四つの段階に分けて説明しなさい。みたいな問題でした。

インターンの面接では、会場で急きょ課題を与える。3時間かけて課題を次々と与え、改善策を挙げてもらっては、それを突き返すことを繰り返す

なんで、そんなことするかというと

スティーブ・ジョブズは、突飛な質問を投げて、相手が不測の事態にどこまで対応できるか、ユーモアと余裕を持って押し返せるか、という能力を見ていた

Googleは、数年前にその手の質問を出すのをやめた。後に、同社の幹部も、そのような難問は自分たちにも解けなかったと認めている

1





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう