1. まとめトップ
  2. 雑学

体重は増えた、いじめが横行...あの有名人たちが語る刑務所生活とは?

刑務所と言えばなんとなく暗くて、ジメジメしたイメージがあります。刑務所生活を経験したあの有名人たちは何を思ったのでしょうか?

更新日: 2016年12月23日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 121433 view
お気に入り追加

刑務所にどのようなイメージを抱くでしょうか?

日本の刑務所はなにかとすごく厳しいイメージがあるのですがどうでしょう?

罪を犯した囚人が入る刑務所。暗くて、看守のみならず囚人同士の上下関係もあって、ご飯はまずくて、トイレやシャワーなんて使えれば有難い。そんなイメージの刑務所

食器は確かにプラスチックですけれども、食事の内容そのものは、その辺の苦学生なんかより絶対いい。ことに府中刑務所の食事となると絶対いいですよ

▼あの有名人が語る刑務所生活とは?

堀江貴文

毎日21時就寝・6時50分起床という規則正しい生活。いつも初めの1時間ほどは寝られず、考えごとをするしかなかった

1年目は、65歳以上の高齢者は2枚だけど僕らは毛布1枚だけで、メチャクチャ寒かった

組織の人間関係は面倒くさい面もあったが、自分は社長しかしたことがないので、『自分も部下にこういうことをやってしまっていたな』と、身につまされることも多かった

刑務所に入るのだから、ポジティブシンキングするようにしましたよ。本が沢山読めるとかね。その中で一番大きかったのはダイエット出来ること。刑務所の中で一番やらなきゃいけないことは、痩せることでしたね

田代まさし

一番辛かったのが、刑務所は夜9時就寝なんですが、僕は夜型人間だったので全く眠れなかったこと

仕方ないので睡眠薬をもらって寝るようにしました。多いときには5錠も飲んで......だんだん減らして、最後は1錠で眠れるようになりましたが

留置場や拘置所といった特殊な環境下でも、「長年のクセで」面白いことをさがしてしまったというマーシー

刑務所内でおこなわれたというビデオ観賞会では、そこで流れた『ショーシャンクの空に』に「脱獄する話じゃん!」とツッコみ

小向美奈子

ご飯も大きな丼に盛られていたし、甘いものもよく食べた。就寝時間も早いので体重は増えてしまいました

やることがないので、トルストイの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などの古典を読破しました

平日は朝8時半から30分の昼休憩を挟んで16時半まで、洋裁工場でミシンを使って毎日バレエシューズを縫製していました

後藤祐樹

刑務所内はイジメが蔓延しています。自分もそうでしたけど、特に有名人だと目を付けられやすいんですよ

暴力も日常茶飯事でした。でも一番こたえたのは、言葉の暴力ですよ。『使えねーな、クズ』とか一日中言われ続けると、精神的に病んじゃいますね

虫を食べさせられたり、ご飯に精液をかけられ、それを食べるよう強要されたり、など過激なイジメも受けたようだ

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する