1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

地味に痛い…「はがき」など郵便料金の値上げにいろんな声が出てた

はがきや定形外郵便物・ゆうメールの一部で郵便料金が値上げに。これには「地味に痛い」といった声や、影響や対応を考える声が聞かれました。

更新日: 2016年12月23日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
46 お気に入り 63976 view
お気に入り追加

◆2017年6月から、はがきの郵便料金が値上げされる

日本郵便は22日、2017年6月から、はがきの郵便料金を現在の52円(税込み)から62円に値上げすると発表した。

はがきの値上げは消費税率が8%に上がった2014年4月以来、3年ぶりだが、消費増税以外では23年ぶりになる。

年賀はがきは12月15日から翌年1月7日の間に「年賀」と明記して差し出した場合に限り、52円のまま据え置く。封書のうち定形郵便物は82~92円を維持する。

◆郵便事業は赤字が続いていた

はがきの配達数は減少傾向が続いており、15年度の営業損益は294億円の赤字だった。

日本郵便は、ことし4月から9月までの中間決算で、郵便物の減少や人件費の上昇で、本業のもうけを示す営業損益が429億円の赤字

日本郵便は今回の値上げに伴い、通常はがきの差し出し数が年間約2億枚減る一方、年300億円程度の増益効果があると予測。17年度の営業赤字転落が確実視されていた郵便事業が黒字を確保できるようになるとみている。

◆郵便物等引受物数は全体として減少傾向にある

手紙やハガキといった郵便物もメールなどで代用できるようになり、日本郵政の郵便物取扱件数は減少の一途を辿っています。

郵便物等引受物数の推移を過去と比較すると、2005年度の総数が約248億通であったのに対し、2015年度は約221億通と、全体としては減少傾向にある。

「普通郵便物」だけで見ると、昨年度の取扱数は「174億2634万通」と前年度より「1.3%」の減少が見受けられます。

◆郵便料金はこれまで、何度か値上げをしてきている

郵便料金の値上げは、今回に限ったことではない。1989年の消費税導入時には、手紙を60円から62円に、はがきは40円から41円に値上げをした。

通常はがきは事業の収支悪化による理由で平成6年1月に41円から50円に値上げした。その後、26年4月の消費税増税に伴い価格は52円に引き上げられていた。

◆値上げには、「地味に痛い」といった声が聞かれた

はがき62円に値上げ=来年6月料金改定―日本郵便 a.msn.com/01/ja-jp/BBxrk… これ、地味に痛いな・・・(>_<)

通信費が上がるのか……個人はともかく仕事関係のは削れないから地味に打撃…… / “はがき62円に値上げ 来年6月、増税以外23年ぶり  :日本経済新聞” htn.to/j1AW85

はがき62円に値上げ 来年6月 | 2016/12/22(木) - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6224983 #Yahooニュース 月にハガキ30枚は消費してる自分からしたら、地味に痛手。

はがき62円に値上げ 来年6月 | 2016/12/22(木) - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6224983 #Yahooニュース 懸賞とかイベント応募で使うから地味に痛い・・・

郵便はがきの62円への値上げは地味にきついかな…。雑誌の読者アンケートでよくはがきを使うので(;´Д`)

はがきと往復はがきの値上げ、部活OB会の活動に地味に影響がありそう。

◆また、定形外郵便物とゆうメールも一部で値上げされる

定形外郵便物とゆうメールは、長辺34センチ以内、短辺25センチ以内、厚さ3センチ以内、重量1kg以内の規定の大きさに収まるかどうかで料金を区分。

1 2





CloverSさん



  • 話題の動画をまとめよう