1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本の名目GDPがOECDで20位になったことに様々な意見

内閣府は22日、2015年の国民1人当たりの名目国内総生産(GDP)を発表。日本はイスラエルと順位が入れ替わり20位に転落しました。2050年までに先進国から転落するかもしれないと警告している機関もあります。

更新日: 2016年12月25日

45 お気に入り 65130 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・1人当たりのGDP、日本は20位に転落

内閣府は22日、米ドルに換算した2015年の1人当たり名目GDP(国内総生産)で、日本は経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国のうち20位だったと発表した。

ドルベースの1人当たりGDPは、経済協力開発機構(OECD)に加盟する35か国中、前年より一つ下の20位となり、比較可能な1994年以降、過去最低の順位となった。

・韓国が追い越す見通しも出ている

韓国とのギャップは縮まっている正確なデータも。

一方、昨年韓国の1人当たりGDPは2万7200万ドルと、OECD加盟国のうち22位となった。

1990年には、日本の購買力調整済みの1人あたりGDPは韓国の2.44倍でしたが、毎年そのギャップが縮まっており、2015年は1.04倍となっています。

・GDPとは?

GDPは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のこと

Gross(総計) Domestic(国内の) Product(生産)の略称で、日本語だと、国内総生産と訳されています

GDPを一言で表すと、「日本で、日本人が働いて稼いだ儲けのトータル」ってことです。

価格変動が無かったものとして計算された総生産を実質GDPと額面そのままのGDPを名目GDPといいます。

・日本は経済大国の座から転落するという見方も

日本は2050年までに先進国から転落するかもしれないと警告する報告書を、日本経済団体連合会(経団連、Keidanren)が設立したシンクタンク、21世紀政策研究所(The 21st Century Public Policy Institute)が発表

2016年10月に発表した「中期経済見通し」では、日本のGDPは10年後には現時点で日本の半分程度にすぎないインドにも抜かれると予想した。

報告書では、慢性的な低出生率による労働力の減少や、貯蓄率の低下、投資活動の停滞によって、日本は経済大国の座から転落するだろうとしている。

たとえ生産性が世界経済でトップクラスの国々の平均水準まで回復したとしても、2030年代には日本経済のマイナス成長が始まると予測している。

・この事実にTwitterでは?

日本の一人当たりGDPが韓国に抜かれる。これ人口減少を言い訳にできない。日本人は単に生産性が低い。韓国人にとっては「ついに日本人より優秀だと証明される」と解釈したい人も多いかも。実際には日本人が自滅してるだけなんだけどね。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-…

日本の一人あたりのGDPが低い。日本は生産性が低い。っていうのは、サービス残業が状態化しているせいもあるんじゃないの。って思う。

日本人の生産性は上がっているのにも関わらず、賃金が上がらないせいで一人当たりGDPが低いということか、適正な賃金が払われないのはおかしい。 ネオリベが政策に関わるからこんなことになる。 今の日本は、労働者の交渉力が弱すぎる。労組がその役割を果たさず。政治的主張ばかりしているせい。

全く裏取りない思いつきなんだが日本の生産性が低い=一人当たりGDPが先進国最低の原因って生産性でも能力でも経営でも教育でもなくて労働人口減少と非生産人口の増加あとボリュームゾーンである普通リーマンの賃金下落が全てなんじゃないの?

・なぜ転落してまったのか

1 2