1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

私は最初GBAのRPGということであまり期待してはいなく、パッケージのイラストに惹かれて買ったのですが良い意味で期待を裏切ってくれました。
ゲームタイトルのようにオリエンタルな美しい音楽、和と東洋が融合した綺麗なグラフィック、魅力的なキャラクター。難易度もほど良いです。

GBAのゲームは何本かやったけど、コレは三本の指に入ります。
世界観、グラフィック、音楽面、シナリオ、キャラクターデザイン……、魅力が一杯のゲーム。

綺麗に書き込まれたドット絵。
存分に表現された天外魔境らしさ。
良質のゲーム音楽。
自由度の高いシナリオ。
ロールプレイングゲームの楽しさ、ここにあり。

任天堂一有名な兄弟コンビがRPGで大暴れ!

ぐちゃぐちゃ言う前にこのゲームを一言でいうと
”面白い!”
一本道のRPGですが、ピーチ姫を助けるために頑張るマリオ、
世間的にいまいちマイナーな事にいじけているルイージが織りなす、
ストーリーの展開はマリオファンだったら笑ってしまうこと請け合い。

RPGと言う名目上派手なアクションはありませんが、それでも謎解きを彷彿とさせるフィールドやダンジョンに、それらを掻い潜って行くべく、道中彼等が身に付けられていく様々な特技。マリオシリーズならではのアクションやトラップが、ゲームをプレイしているプレイヤーを楽しませてくれます。

ポップでキュートな画面はまるでディズニー映画を見ているよう。RPGが陥りがちな単調な戦闘に陥ることなく、アクション性を加味しているので飽きることなく楽しめる。ムービー偏重のRPGが氾濫する中、ムービーなどなくともゲームデザインやシステムに創意工夫が見られれば面白い旅が送れるのだという一石を投じていると思う。

あの名作マザーシリーズが一つになってかえってきた!

このストーリーの深さ、最高です。
登場人物一人ひとりにストーリーがあります。
エンディングは感動ものです。

ストーリー、戦闘、笑い要素どれをとってもトップクラスの面白さで万人受けする物なので、買う価値大ありです。

RPGは「ドラクエ」が「FF」しか知らなかった私。
でも、これははまりました。かなりドップリと。
台詞一言一言が可愛くて、奥深くて、笑えて、涙して。
町の作りも細部にまでこだわっていて。

小学生の主人公が大人顔負けのテクニックでウィルスを退治していくというストーリーは滑稽で楽しいです。色々と「ええっ!」と思うような場面が多く、主人公のツッコミが小学生ながらとても冴えてて良いです。
設定が結構こっていて、大人が見ると納得できるようなシステムが面白かったりします。

カードゲームにアクション性を導入したことによって、カードゲームにありがちな冗長さがなくなり、たいていの戦闘は30秒以内に終わる。ときには一秒以内に決着が付く場合もあり、戦闘時間の長さが短いほど、お金や新しいバトルチップなどのボーナスが良いこともあって、より効率的に短時間で敵を倒そうと色々頭を悩ませる(バトルチップを選ぶ時間は戦闘時間の中には入らない)。この思考過程がものすごく楽しいし、なにより新しい。

個人的には、久々の大ヒットとなったゲームです。
本来は子供向けですが、大人でも、いや大人だからこそ楽しめます。

ロックマンエグゼシリーズはどれも面白い!

新システムとして「スタイルチェンジ」。自分の戦い方次第でロックマンの姿が変化

ナビカスタマイザーで全くのオリジナルロックマンを作れる!

ソウルユニゾン、ダークソウルという二つの新要素

リベレートミッションで作戦が今まで以上に重要な要素に

ポケットモンスターシリーズ

1 2 3 4